院長の休日

終活セミナー

 平成29年3月15日、北海道新聞夕刊の記事です。
 終活セミナー
 終活カウンセラー協会_上級インストラクター樫木泰子かしきたいこ
 「自分らしい人生」考えて
 「終活」という言葉がこの2、3年、かなりのスピードで浸透してきました。
 認知度は上がったものの、「終活は死ぬための準備」と誤解され拒絶反応を示す方もまだ多いようです。連載の締めくくりに、今をよりよく生きる終活の意味を あらためて整理します。
誰のための終活か
 高齢の方は「子どもに迷惑をかけたくない」とよく口にします。エンディングノート、生前整理、遺産相続、葬儀、お墓など終活の主な項目を並べると、自分の死後に残る人が困らないようにするものと思われて不思議ではありません。
 そういう側面もありますが、私は「自分のためにする終活」という視点がもっと大事だと思います。平均寿命が延びて高齢でいる期間が長くなりました。終活で自分の人生を振り返り、悩みを多少なりとも解消することで、これからの人生を自分らしく大切に生きるきっかけにしてほしいと思います。
 ②いつから始めるか
 終活をする時期は弾力的に考えていいと思います。例えばサラリーマンなら定年退職を迎える時期。定年後の農業など田舎暮らし、喫茶店やコミュニティーカフェ開業、高齢者の見守り、子育て支援など、ビジネスにボランティアに第二の人生のメニューは限りなく広がっています。
 人生のターニングポイントの時期に自分史をエンディングノートに書いたり、これまでの人生でたまった不要な物を片づけてはどうでしょう。心の整理、身辺の整理で次の人生に乗り出していく気構えができるのではないでしょうか。
 ③人との絆の確認
 核家族化や少子高齢化が進み、人と人との関係の希薄さが問題になっています。終活の効用の一つは信頼できる人との絆の確認です。自分の死後、「形見の品をこう分けて」「葬儀はこうして」「遺骨は海に散骨してほしい」といった希望は子どもはじめ信頼できる人々に託すしかありません。
 自分が信頼できる人を選び、大事な希望を託すことを通じて、世代を超えた絆も強まるでしょう。お金では買えない大切なものが見え、人との絆の確認で未来に希望を見いだせるのではないでしょうか。
 (終活セミナーの筆者は4月から冠婚葬祭会社「あいプラン」ヒューネラル部シニアマネージャーで、一級葬祭ディレクターの大塚周雄おおつかちかおさんに代わります)
 (以上、北海道新聞より引用)

      ■         ■
 うちの奥さんが熱心に読んでいました。
 私も、
 これまでの人生でたまった
 不要な物を片づけてはどうでしょう

 ほんとうにそう思います。
 親の家を片付けるのは大変で、
 親父のがらくた遺品
 まだ放置したままのものがあります。
      ■         ■
 私の息子や娘には、
 私の遺品整理は無理だと思います。
 ケチなので、
 遺品整理をしていても、
 現金が出てくることはありません。
 書類やら、
 論文やら、
 古い医学雑誌がたくさんあります。
      ■         ■
 信頼できる人を見つけて、
 絆を確認するのも大切です。
 クリニックの経理のことは、
 東京のアトラス総合事務所にお願いしています
 とても信頼できる会計事務所です
 私の遺産についてもお願いするつもりです。
 まだ死ぬつもりはありませんが、
 いつでも身辺をきれいにしておこうと思いました。

“終活セミナー”へのコメント

  1. すみれ より:

    終活は、なんのためらいもなく、しました。実母が92才だったのと私が60才になったからです。私がかけば、母も真似て書くと思い、お墓と最期に着るもの、遺影を用意しました。あれから3年たつから、また、書き直さなければ、いけませんね。歳が60を過ぎれば周りの知人から、突然の訃報に遺影に困る、と聞いた事があります。写真は若くても普段着でもいけません。人間はいつか死ぬもの、と割りきって、遺影の準備をしていてもいいと思います。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。すみれさんと私の同級生だった奥田昭雄さんが亡くなったのはちょうど還暦の年でした。3年前です。素敵な遺影でした。私の遺影はこのHPの写真を使うように言ってあります。年齢を重ねると取り替えないとダメですね。うちの親父の遺影は写真館で撮ったものでしたが、飾ってあるのは病院で撮った笑顔の写真です。

  2. なっちゅん より:

    先生は本が沢山ありそうですね。
    医学書関係なら
    ブックオフも
    引き取ってくれないのではないでしょうか?
    欲しいお医者さまもいらっしゃるでしょうが。
    古紙になるのは勿体無いですからね。

    母の遺品を整理した時は
    とにかく服の山で
    段ボール箱と衣装ケースあわせて
    25位ありました。

    リサイクルショップに来て貰いましたが
    流行の服しか持っていってくれず
    しかもタダ同然で
    衣装ケース2つ持っていきました。

    それから遺品を捨てるのに業者さんを呼び
    四万円ほどかかりました。
    その際、ブランドのバッグを間違って
    3つも捨ててしまいました。
    がっかりしました。

    残ったブランド品を
    リサイクルに出しましたが
    二軒くらい見積もって貰ったほうが
    いいですね。
    私は一軒しか見積もって貰わなかったので
    かなり損をしました。

    残した物は母の手編みと母の日記だけです。

    友人のお母さんは今も健在ですが
    身辺整理をしたそうです。
    その際、リサイクルショップに出すのは 
    いくらにもならないので
    腹が立つとのことで(笑)
    全部、業者さんに頼んだそうです。

    20万円かかりそうだったのですが
    取引先の業者さんだったので10万円に
    負けてくれたとか。

    私の場合
    リサイクルショップは二束三文でなので
    ヤフオクを、再開しようかと思ってます。
    クローゼットが満員御礼なのです。

    写真は、かなり断捨離しました。
    でもまだ断捨離の余地ありです。
    結局見ないんですよね。

    それにお気に入りの物たちだけに
    囲まれた生活をしたいので
    最小限にしたいです。

    しかも私には子供がいないので
    日頃から心がけないとなぁと思ってます。 

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。うちは親父が亡くなる前に退院したら施設に入ろうと思っていたので、自宅のマンションを整理しました。遺品整理より前です。生きていても本人は病院ですから、母親が全部捨てていました。やはりかなり費用がかかりました。札幌市の大きな黄色のゴミ袋が実家に何枚もありました。亡くなってからは弟がセピア色の写真を見つけました。それを葬儀に使いました。業者さんに委託して古い家財を持って行ってもらいましたが大変でした。私はふだんから整理をしなければと思いながらできていません。

  3. さくらんぼ より:

    私のFB友達に葬祭やさんの社長の息子さんがいて、終活ノートをくださると言って下さいましたが、ただではかえって貰いづらいです。 次男の同級生もお母さんが早くして 癌で他界されたため そこで一級葬祭コーディネーターの仕事をしています。私はそこの会員です。友引の日には遺言の書き方や終活、家族葬と一般葬の違いなどの講演会があったりします。私の市には沢山の葬儀場があります。 昔は自宅や寺での葬儀でしたよね。 もう一件、積み立て式の冠婚葬祭の会社にも二口満期になっているのは息子のために残しています。 私は 身内だけの家族葬でいいです。そう終活ノートに書いておきます。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。友引の日に講演会なのですね。両親と家内の母が葬儀場の内覧会のようなのに行きました。うちの親父の葬儀は家族葬用の新しい斎場でした。元はハーレーダビッドソンのオートバイ販売店だった建物が葬儀場になりました。時代は変わるものですね。

  4. なっちゅん より:

    今日も長文になり申し訳ありませんm(_ _)m
    何故か簡潔に書けません(T_T)

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    ためになるコメントをいただきありがとうございました。

  5. くくるん より:

    私はまだ、いわゆる終活、をするような年齢ではなく、遠いことのように思えます。
    しかし、郵便物に終活のセミナーのチラシが入るのを見ると両親のことを考えざるを得ないですね。両親はあまり何も考えていない人でのほほんとしています。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。ふつうの人はまだ考えないと思います。私たちは他人の死をよく見ますし経験するので少し早目に考えているだけです。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ