院長の休日

5アンペア生活、猛暑の試練

 平成29年8月1日、朝日新聞朝刊の記事です。
 5アンペア生活、猛暑の試練 家族「普通の暮らしを…」
 電力会社の電気に極力頼らず暮らしたいと、2012年7月に契約アンペアを最小の5アンペアに下げてから5年。生活面で折に触れて報告してきた「5アンペア生活」を続けている。3年半の名古屋勤務をへて今春から、再び東京に来た。節電生活を2年ぶりに紹介する。(斎藤健一郎)
 ■「エアコンつけたい」唐突な妻の本音
 5年間で電力会社に払った我が家の電気代は計1万9319円で、月平均は322円。60カ月の使用量は平均的な家庭の2カ月分だった。そんなデータを集めて満足感に浸っていた先週の朝、保育士の妻(36)が唐突に言った。
 「あーやだ。エアコンをつけたいし、電子レンジも使いたい。普通の暮らしがしたーい」
 結婚して3年余、妻は僕(42)の節電生活にきっちり付き合ってきた。独身時代、節電を極めた僕も一度は手放した家電を再び買って要望に応え、互いに譲歩しながら快適な暮らしを模索してきたつもりだ。だから「えっ、どうして?」と言った後、返す言葉も見つからなかった。
 節電のきっかけは東京電力の原発事故から1年が過ぎ、政府が原発再稼働を言い始めたことだ。契約アンペアが小さければ基本料金は安くなるが、一度に使える電気も少なくなる。5アンペアでは消費電力500ワット超の家電は使えない。
 10アンペアは必要なエアコンはやめ、扇風機と行水で猛暑を乗り切る。炊飯器を手放し、鍋でご飯を炊く。電子レンジを捨て蒸し器で温める。電気をジャブジャブ使っている自覚もないまま、負担を地方に押しつける都市生活を見直し、自分の感覚や技術を磨く節電道は刺激的で楽しかった。電気代はまもなく月190円まで下がった。
 「電気がなくてもへっちゃら」と自信をつけた3年目の夏、結婚した。掃除機も冷蔵庫もない生活に不満を漏らしつつ、妻は「5アンペア生活、やってみる」と前向きだった。
 名古屋に住み始めてからは暮らしの質を追求しようと、自分で発電所を設立し、電気の地産地消を始めた。発電所と言ってもベランダにソーラーパネル数枚を置いただけの小さなシステム。「健康第一電力」(健電)と名付け、10万円ほどかけて徐々にバッテリーなどの設備を強化した。スマホの充電はもちろん、テレビも見られる。今は照明や扇風機、掃除機にも使う。
 健電では洗濯機はまだ動かせないので、電力会社の電気を使う。2016年夏には大手電力との契約をやめ、再生可能エネルギーを推進する自然派の新電力を選んだ。昨春から電力小売り自由化が始まり、誰でも「脱原発」の思いを行動で示すことができるようになった。
 この新電力の最小契約は10アンペアだったので、妻が熱望し続けたドライヤーを解禁。ほかは「5アンペア以内の生活」が続く。冷蔵庫も妻の迫力に折れたが、資源エネルギー庁の「省エネ型製品情報サイト」で調べて、冷蔵庫より省エネ基準達成率が高かった上開きの冷凍庫を買い、それを夏だけ使うことで合意した。冷凍庫で保冷剤を凍らせて別に用意したクーラーボックスに入れ、冷蔵庫として使う。
 こうして忍耐に頼らない節電ライフを築いてきたはずなのに、最も恐れていた妻の「やだ」が飛び出してしまった。原因の一つはこの暑さだろう。名古屋では緑に囲まれた築100年の古民家で涼しく暮らした。
 東京では一転、川辺の高層公団マンションを選んだ。住宅密集地で風と太陽を味方につける工夫だが、本当に暑い一時、風がぴたりとやんでしまう。
 節電で体を壊しては笑いものだし、仲たがいもごめんだ。だが、再稼働が続く原発に頼らない暮らしを本気で模索してきたのだ。猛暑が揺さぶる節電の暮らし。どうするべきか。次の一手は扇風機用の保冷剤を使って、涼風を呼び込むことにしようか。
妻の談話「まだ続けられる気が」
 毎日の生活のことだから、暑かったり、夫が我を通そうとしたりすると文句の一つも言いたくなります。でも、原発に頼ったエネルギーの大量消費にあらがおうとする心意気には賛成しています。多くの人が想像するほど極端に不便な生活でもないので、まだ続けられる気がします。

健康第一電力
(以上、朝日新聞より引用)

      ■         ■
 私が楽しみにしている、
 朝日新聞記者、斎藤健一郎さんの連載です。
 前回は、
 5アンペア_新婚おめでとう!
 平成27年5月13日の記事でした。
 前にも書いたように、
 お医者さんとしては心配していました。
      ■         ■
 斎藤健一郎さんの奥さん♡がえらいです
 ほんとうに立派です。
 本間家では絶対に無理です。
 きっと離婚されてます。
 斎藤健一郎さんにお願いします。
 東京の次、
 もし札幌に転勤になったら、
 5アンペア生活は無理です。
 札幌の住宅は気密性が高いので、
 石油ファンヒーターは危険です。
      ■         ■
 それともし赤ちゃんができたら、
 即、5アンペア生活は止めてください。
 赤ちゃんにはエアコンが必要です。
 斎藤健一郎さんが札幌に転勤になったら、
 奥さんにご馳走してあげたいです。
 けなげな奥様だと思います。

“5アンペア生活、猛暑の試練”へのコメント

  1. なっちゅん より:

    私も節電意識はありましたが
    知恵を使い、とんでもない節電をしてた方が
    いらっしゃったのですね。
    (褒めてます。)

    赤ちゃんは温度差に弱いので
    過酷すぎますね。
    尊い命が奪われたら大変です。

    先日ケアマネさんと又お会いしたのですが
    90歳のお年寄りの家にエアコンがなく
    地方にいらっしゃる息子さんに
    エアコンをつけてあげてくださいと
    電話でお願いしてました。

    13万でならダメだと言われたそうです。
    10万でならいいそうで、なかなかの吝嗇家です。
    色んな電気屋さんにケアマネさんが電話してました。

    NPO法人になってるので
    そのケアマネさんは理事長さんです。
    そのようなことまでお休みの日曜になさってるとは
    感心しました。

    先日書かせていただいた66歳のケアマネさんです。
    もうすぐ67歳になるそうです。

    お嬢さんが後を継ぐ予定でしたが
    妊娠され
    それどころじゃなくなったようです。

    まだまだ頑張られるのではないでしょうか。

    職種は違いますが
    本間先生も今のところで少しでも長く
    現役でいて頂きたいです。

    又、話は逸れましたが
    節電もいいです。
    ですが斎藤様、お身体だけ壊さないように!

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。吝嗇家りんしょくかが読めませんでした。けちのことなんですね。90歳で四国でエアコン無しはつらいですね。とても素敵なケアマネさんですね。頭が下がります。

  2. えりー より:

    以前、札幌で月の電気代600円で
    生活している女性の本を読み、
    講演会も行きました。
    実体験を通じたお話、様々な実践アイデアに、
    このような生活もあるのだと驚きました。

    ご夫婦でも節電生活をなっている方が
    いらっしゃるのですね。
    お互いの協力なしでは成り立たないと
    思います。
    斎藤様も奥様も体調には注意して
    お続けになって欲しいと思いました。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。札幌で月600円の電気代はすごいですね。冬はどうなさるのでしょうか?トイレや水道の凍結防止ヒーターだけでも数アンペアはかかると思いました。電気を使わない暖房器具も難しいですね。

  3. さくらんぼ より:

    我が家は50アンペアです。それでも 一階の居間などにはエアコンがありませんし、二階は 暑いので あまりにも安いエアコンを買ったので時々ばちんと切れます。私がドライヤーを使ったからだとか言われます。 私も5アンペア生活は無理ですぐ離婚します。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。さくらんぼさんのお宅は事業用に冷蔵庫もお使いになるでしょうし50アンペアが必要なのですね。うちはマンションですが暖房用ボイラーのためか冬に電力を使います。電球はLEDにしています。

  4. すみれ より:

    立派な生活をされてるなぁと思いました。まねして出来ないこともありませんが、楽な生活ばかりしてます。今は東京に居ますが、その前は名古屋でした。涼しい札幌から名古屋へ行った年は37度もあって全身あせもになったものです。エアコンのない生活なんて考えられません。
    本間さんのいうように奥さんがえらいのかもしれませんね。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。すみれさんが名古屋にお嫁さんに行かれた時は、すごいなぁ~と思っていました。名古屋のお嫁入は盛大で由緒あるお宅のお嫁さんになられて、さすが美人で素敵な人は違うなぁ~と思っていました。でも37℃もあって全身あせもだったのですね。家の中はエアコンでも外は暑いですよね。朝日新聞の斎藤記者さんの奥様はすごいと思います。うちなら絶対に無理です。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ