院長の休日

東日本大震災から7年

 今日は2018年3月11日です。
 東日本大震災から7年です。
 札幌美容形成外科を開業した、
 2004年から14年です。
 2010年9月に、
 スノー会舘ビルから、
 コンタクトオフビルへと名前が変わりました
 あと2週間で引越しです。
      ■         ■
 移転先の工事は順調に進んでいますが、
 診療再開日はまだ決まっていません。
 抜糸予定の患者さんだけ予約をお取りしています。
 毎日あっという間に時間が過ぎます。
 気がつくと夜です。
 仕事が終わってから、
 工事現場を見て帰宅しています。
      ■         ■
 現在地で開業してから、
 たくさんの患者さんにいらしていただきました。
 こんな、
 へんくつながんこ医者なのに、
 札幌美容形成外科を選んでいただき、
 感謝しています。
 私が東日本大震災で忘れられない患者さんです。
 2011年大晦日
 …に書きました。
      ■         ■
 今年一番印象に残ったことです。
 震災からしばらくして…
 患者さんから電話をいただきました。
 私が中央クリニック札幌院の院長だった…
 8年前からのお客様です。
 とても美人で目立つ方です。
      ■         ■
 東北へお嫁に行き…
 地震と津波の被害に遭ったそうです。
 建物が大きく揺れ…
 小さな子どもさんを連れて…
 とにかく懸命に逃げました。
 もう少しのところで…
 津波にのまれるところだったのを…
 逃げたそうです。
      ■         ■
 札幌のご実家へ避難して来て…
 新しい保険証が無いけれど…
 古い保険証で受診できますか…?
 …というお電話でした。
 4月からの新しい保険証は、
 市役所が機能していないため、
 発行できないとのことでした。
      ■         ■
 被災地の患者さんは、
 保険証がなくても受診できる期間でした。
 その方は、
 津波から、
 いっしょに逃れた子どもさんを連れて…
 私のところへ来てくれました。
      ■         ■
 昔のままの美人でしたが…
 立派なお母さんになっていました。
 こんなにかわいい子を…
 しっかり守ってくれて…
 ありがとう!
 生きていてくれて…
 ほんとうによかった…
      ■         ■
 震災後の暗い気持ちを、
 とても明るくしてくれました。
 津波で家が無くなっても…
 命があれば…
 またがんばれば…
 …という気持ちになりました。
 今年の大晦日はどうしているかなぁ~?
 …と札幌のじいちゃん先生は思い出しています。

      ■         ■
 震災から7年がたちました。
 小さかった子供さんは大きくなったと思います。
 今でもたまに思い出しています。
 まだ被災地は大変なんだろうなぁ~
 TVに映った映像を見ながら、
 きっと元気なんだろうなぁ~
 …と思っています。

“東日本大震災から7年”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    山形もかなり揺れそれも長く ぼろ家が倒れると思いました。りんご畑で剪定作業中だった主人も地面が揺れこれはただごとではないと思ったそうです。電気もガソリン何もかもない日が3日続いただけで 大変だったのにいまだにふるさとに帰れずにいる方々のストレスは想像以上だと思います。まだ見つかっていない方々もご家族は見つかるまで待っておられます。私の主治医の皮膚科の先生のご実家が石巻なんで お聞きしたら、家は流されたが運良く避難できましたと聞いて安心しました。 もう7年経つのですね。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。7年はあっという間でした。福島出身の先生のご家族が津波で行方不明になられました。人間の運命なんてわからないものです。地震が起きた時に私は手術中でした。停電になったらまずいなぁと思いましたが停電にもならず手術は無事に終了しました。

  2. なっちゅん より:

    震災から7年の特番がありますが
    心が痛んで見られません。

    早い復興を切に望んでます。

    3月は繁忙期なのに本間先生のクリニックは移転で
    売上が少ないですね。

    しかも患者様は困ってるでしょうね。
    それとも早くに予約を入れてたのでしょうか?

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。TVを見てないのでわかりませんが悲惨ですよね。7年前は番組も中断しましたね。3月は繁忙期ですが例年の半分くらいしか手術ができません。業者さんのおかげで新しいクリニックもかなりできてきました。

  3. えりー より:

    もう7年も経つのですね。
    仕事を終えて買い物している時に
    突然揺れを感じて
    自分が目眩を起こしたのかと思いました。
    帰宅後テレビを付けてショックを
    受けたことを記憶しています。

    福島の震災後を実際見た友人が
    毎年この日は気持ちが沈んで辛いと
    今日、電話がきました。

    まだまだ苦しんでいる方が
    いらっしゃると思いますが
    本間先生のように諦めないで
    頑張ってほしいです。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。津波の被害は恐ろしいです。原発のこともいつまで処理にかかるのかわかりません。新聞報道によれば賠償金をもらったことでかえってつらい立場に追い込まれた人もいるそうです。私は地震国ニッポンには原発はいらないと思っています。

  4. ラズベリー より:

    大震災から7年経つんですね。津波に人がのまれたり倒壊による圧死、その後関連死、まだ行方がわからないままの御家族、本当に辛いでよね。
    11日だからこそ災害訓練だと思い、途中からですが参加してきました。朝早くから住民の方、消防関係の方々、役所の方も来てました。お疲れ様でした。大きな公園でしたが、災害時に公衆無線wifi整備がされていなかったので整備が必要です。また、スマホ社会で充電確保など大切だと思いました。
    そして何より災害時に医療救護や処置などの医療行為が出来る看護師はこれから必要不可欠です。東京、豊島区や静岡県も看護師事前登録を募集してます。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。訓練参加お疲れ様でした。われわれ医療職にもできることがあると思います。私もトシですががんばりたいと思います。

  5. ラズベリー より:

    話は変わりますが、確定申告期間中に佐川長官が突然、辞任しました。野党の追及を上手くかわし答弁出来たから功労賞的なポストのつもりだったのでしょうか。逆に目立ち過ぎてヤバイポストだとは考えなかったのかなっと思いました。佐川さんのかつて部下だった財務省の職員が自殺し遺書にまずい内容が書かれてるから辞任したのではないでしょうか。
    公文書偽造(改竄)は勝手にするとは思えないですし佐川さんだけの判断ではないと思います。
    麻生さんも安倍総理や夫人もネットでは私物化、名誉校長になっていた夫人も含めて【斡旋収賄】です。麻生さんは朝日新聞の取材レベルが低いと怒ったそうです。しかし、改竄の事実があったのなら今の政権は持たないでしょう。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。私も報道を興味深く見ています。自殺された職員の方がお気の毒です。うちの奥さんが神戸出身なので他人ごととは思えません。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ