医学講座

第100回日本美容外科学会(JSAS)②

 日本美容外科学会(JSAS)が、
 形成外科系の日本美容外科学会(JSAPS)と違うのは、
 海外からの参加者です。
 創設者の梅澤文雄先生のお考えで、
 海外の美容外科学会と
 1980年代から学会を共催しています。
      ■         ■
 今年の学会でも、
 韓国、中国、シンガポール、ベトナムなど
 アジア圏の先生がたくさん参加しています。
 目立つのが中国からの先生たちで、
 特に女性の先生が際立っています。
 高須克弥先生と写真を撮っていらっしゃいました。
      ■         ■
 公用語が日本語と英語なので、
 中国の先生のご発表は多くはありませんが、
 数とパワーには圧倒されます。
 高須克弥先生は中国でも有名で、
 先生とご一緒の写真はステータスになります。
 高須先生はお忙しいのに…
 笑顔で写真に入っていらっしゃいます。
      ■         ■
 5月26日(土)には、
 高須先生のライブサージェリーがありました。
 手術は…
 耳の前を切って…
 『たるみ』を取るフェイスリフト。
 ダウンタイムが少ない、
 高須先生オリジナルの手術です。
      ■         ■
 学会のライブサージェリーで、
 惜しげもなく手術を見せてくださる先生に感謝です。
 手術中の様子もわかりました。
 患者さんが安心できるように、
 優しく声をかけながら、
 てきぱきと手術を進めます。
 左右差を確認して…
 微調整もなさっていらっしゃいました。
      ■         ■
 ライブサージェーリーでは、
 先生の細やかな心遣いまでわかります。
 ビデオ画像も以前の学会と比較してとても鮮明になりました。
 高須先生の年齢を感じさせない…
 手術風景でした。
 今日の高須先生の特別講演もすばらしかったです。
 座長の保科先生が言われたように、
 高須先生が美容外科の発展に貢献されたご功績は、
 長く歴史に残るものです。
 とても勉強になりました。
 心から感謝していますありがとうございました。  

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ