医学講座

第100回日本美容外科学会(JSAS)④

 日本美容外科学会(JSAS)に参加して、
 良かったことは、
 韓国の先生と仲良くなれたことです。
 5050CLINICのKim先生は、
 自宅にもいらしていただきました。
 私もKim先生のクリニックへ行ったことがあります。
      ■         ■
 今回の第100回日本美容外科学会では、
 Kim先生の特別講演がありました。
 Looking Back on the Basic Techniques in Aesthetic Dermatosurgery (1)
 …というタイトルでした。
 日本語に訳すと…
 美容皮膚外科手術の基本手技①
 私が講演の座長をさせていただきました。
      ■         ■
 Kim先生は、
 1956年7月18日生まれで、
 私より2歳若い先生です。
 韓国で皮膚科専門医を取得された後で、
 日本や米国で美容外科を学ばれました。
 とても勉強熱心な先生です。
      ■         ■
 日本語がとてもお上手です。
 どうやって日本語を勉強したのですか?
 …と伺ったところ、
 毎朝、TVで日本語会話の番組をやっていて、
 それを毎日見て勉強なさったそうです。
 日本の歴史や文化にも私以上に詳しく、
 私より日本中を旅行していらっしゃいます。
      ■         ■
 英語もとてもお上手です。
 私との会話は、
 日本語と英語を混ぜてくださいます。
 Kim先生は、
 2003年から2006年まで、
 韓国で若手医師のために、
 セミナーを開催なさっていました。
      ■         ■
 外国から有名な先生を呼んで、
 講演をして、
 手術を見せていただくという企画です。
 日本からも、
 何人もの先生がKim先生に呼んでいただいています。
 日本人で韓国まで勉強に行った先生もいました。
      ■         ■
 Kim先生の講演の要旨は、
 皮膚科疾患として一番多い、
 ほくろいぼ
 しっかり診断して治療するという、
 皮膚科の基礎が大切である。
 高価なレーザー機器がなくても、
 小さくてよく切れるはさみがあれば、
 大部分のほくろいぼは取れる、
 …という内容の発表でした。
 はさみの使い方も簡単ではありません。
      ■         ■
 美容皮膚科というと、
 高額なレーザー機器を使って、
 魔法のように取れると考えますが、
 何の知識もない先生がすると、
 やけどやケロイドを作るだけで、
 基本的な知識と手技が大切だと強調されました。
 まったくその通りだと思います。
 Kim先生の5050CLINICは信頼できるクリニックです。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ