医学講座

2007年6月6日 熱傷学会①

日本熱傷学会に参加するため金沢に来ています。熱傷学会はヤケドの学会です。すべての形成外科医がヤケドを専門にしているわけではありません。北大は私の恩師である大浦武彦先生が熱傷の専門家だったので、特に熱傷に力を入れていまし... 続きを読む コメントはまだありません

2007年6月1日 わきが手術と汗

昨日の日記にわきが手術のことを記載しました。欧米では臭いのために手術を受ける方はマレですが、多汗症の手術は教科書にも記載されています。いわゆるワキガ手術をすると汗も減りますが、ゼロにはなりません。これは次のような理由に... 続きを読む コメントはまだありません

2007年5月28日 ニキビと毛

昨日のレーザー研究会は皮膚科の先生も多数出席していらっしゃいました。皮膚科でも『たるみ』や『シミ』の治療をしているところが増えているようです。でも、皮膚科で圧倒的に多いのがニキビ治療です。悪化したニキビは日常生活に... 続きを読む コメントはまだありません

2007年5月26日 術後2年

わきが手術をなさって2年後の患者様がレーザー脱毛にいらしてくださいました。『先生、おかげさまで脇はとってもキレイになりました。是非見てくだ... 続きを読む コメントはまだありません

2007年5月21日 鼻プチ整形の副作用

昨日の日本美容外科学会でヒアルロン酸の副作用に関する報告がありました。ヒアルロン酸による鼻のプチ整形を受けた後で、鼻先が部分的に壊死になってしまった症例です。正直なところ驚きました。副作用を起こしたヒアルロン酸はPer... 続きを読む コメントはまだありません

2007年5月16日 タンポンショック

昨日書いた脂肪吸引によるショックはブドウ球菌という細菌が出す毒素によって起こります。このブドウ球菌によるショックをToxicShockSyndrome、略してTSSと呼びます。1970年代に欧米でタンポンショッ... 続きを読む コメントはまだありません

2007年5月15日 脂肪吸引のトラブル

この症例はPRSという米国形成外科学会雑誌に掲載された学術論文です。患者様は20代の女性。日本のある美容外科で腹部・殿部・大腿の脂肪吸... 続きを読む コメントはまだありません

2007年5月9日 小耳症と永田悟先生

5月6日に小耳症(ショウジショウ)という生まれつき耳がない病気について記載しました。実は、この小耳症の子供さんに耳をつくるのは、形成外科の中でも最も難しい手術と言われています。大学病院の有名な先生がした手術でも不満足... 続きを読む コメントはまだありません

2007年5月5日 眼瞼下垂症と保険適応

眼瞼下垂症は‘病気’なので保険適応になります。と昨日記載しました。どの程度の眼瞼下垂なら保険適応になるのでしょうか?というお問い合わせをいただきました。どの程度だったら保険適応になるか?という厳密な規定は現在のと... 続きを読む コメントはまだありません

2007年5月2日 専門医

形成外科にも美容外科にも専門医制度があります。自分に合った先生を見つけるのに、専門医は一つの指標にはなります。ただ形成外科専門医だから、美容外科専門医だから、腕が良いかというと、残念ながら答えはNOです。2006年... 続きを読む コメントはまだありません

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ