医学講座

前立腺肥大の薬、アボルブ

 男性の頭髪治療に使われるプロペシアは、
 もともと前立腺肥大症のお薬でした。
 前立腺(ぜんりつせん)は男性にだけある組織です。
 膀胱から出たおしっこが通る…
 尿道の周りにあります。
 としをとると…
 男性はおしっこの出が悪くなります。
      ■         ■
 前立腺が肥大して、
 尿道が狭くなるためです。
 私もそろそろ危ない年齢です。
 麻酔科研修をしていた時に、
 札幌医大の名誉教授が…
 手術を受けるのを見ました。
      ■         ■
 名誉教授の年齢になると…
 みんな前立腺の手術を受けるのだなぁ~
 …と30年前には見ていたのですが、
 そろそろ自分がその年齢に近づいています。
 前立腺肥大を治すのにも、
 男性ホルモンをおさえる薬を使います。
      ■         ■
 薄毛治療に使うプロペシアは、
 1992年4月に前立腺肥大の薬として、
 オーストリアで承認されました。
 前立腺の薬としては世界110 ヵ国で承認されています。
 テストステロンという男性ホルモンを、
 より活性の高いジヒドロテストステロン(DHT)に変換する
 2 型の5 α還元酵素を阻害します。
      ■         ■
 2001年に米国で承認された、
 アボルブというお薬があります。
 日本では前立腺肥大症の治療薬として、
 2009年7月に承認されました。
 この薬は…
 1 型および2 型の5 α還元酵素を阻害します
 米国では、
 頭髪治療に使って効果があるという論文が出ています。
      ■         ■
 高価なお薬ですが…
 前立腺肥大症がある男性は、
 泌尿器科の先生に…
 『先生、アボルブというお薬が効くって聞いたのですが…』
 …とお願いしてみることはできると思います。
 毛を目的に変えることはできなので、
 毛のことは言わないほうがいいと思います。
      ■         ■
 PubMedという医学用検索サイトで、
 アボルブの成分であるdutasterideと
 禿を意味するalopeciaを検索してみたところ、
 Pilot Study of 15 Patients Receiving a New Treatment Regimen for Androgenic Alopecia: The Effects of Atopy on AGA.
 という論文が見つかりました。
      ■         ■
 上の論文をクリックすると、
 症例写真が出ています。
 単純にプロペシアと比較はできませんが、
 このアボルブというお薬も効果があります。
 残念ですが頭髪治療薬としての認可は、
 まだ米国でも出ていません。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ