院長の休日

フェイスブックと父

 平成24年5月17日、朝日新聞朝刊、
 ひとときへの投稿です。
 フェイスブックと父
 高校を卒業し、地元を離れるときに始めたフェイスブックを通して、大学2年になった今でも高校の友や先生と交流が続いている。
 そんな折、久しく連絡を取っていなかった父から、フェイスブック上で友達申請が送られてきた。ぎょっとした私はしばらく手を止め、父と「友達になる」ことにためらいと恥ずかしさを感じ、ひとまず保留ボタンを押した。しかし数日後、一向に取り下げられる気配のない父からの申請に観念し、しぶしぶ承認ボタンを押したのだった。
 父はすでに、同じく実家を離れて暮らす兄や、社会人として働いている姉、よく分からないまま登録をした母とも「友達」だった。
 その日から、たびたび父の投稿を目にするようになった。「玄関前の花が咲きました」「こっちでは今桜が満開」。定期的に更新される父の写真付きのつぶやきは、遠くにいたらわからないことを伝えてくれる。そのたびに実家にいた頃を思い出し、懐かしくなる。
 たまにコメントをすると、兄も続けてコメントをする。フェイスブックが、離れて暮らす家族5人がつながる場所になったのだ。案外、父と友達でいるのも悪くないかもしれない。
 (秋田市_大岡優子_大学生_19歳
 (以上、朝日新聞より引用)
      ■         ■
 函館の看護師さんにすすめられて…
 フェイスブックをはじめました。
 さすが…
 世界のFaceBookです。
 すごいです。
 あっという間に友達が増えました。 
      ■         ■
 秋田市の大岡さんは、
 19歳の大学生。
 お父さんから、
 友達申請が送られてきて…
 ぎょっとしたのも当然でしょうか?
      ■         ■
 私は良い息子ではなかったので、
 親に連絡をしたのは、
 困った時くらいだったでしょうか?
 自分が親になって…
 はじめて親の気持ちが理解できたように思います。
 親は子どもから連絡をもらうと嬉しいです。
      ■         ■
 FaceBookは私の息子に教えてもらいました。
 最近、息子は忙しいのか、
 息子のは更新されていないようです。
 私のFaceBookは、
 日記を更新すると自動的にUPされるように、
 オフィスクロスロード
 須崎克之さんにお願いしました。
       ■         ■
 FaceBookはまだ使いこなしていません。
 札幌美容形成外科のページや、
 マンガでわかる美容形成外科も、
 須崎さんに作っていただきました。
 私が理解していないため、
 まだ内容は充実していませんが、
 一度、のぞいてみてください。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ