医学講座

第38回日本熱傷学会①

 第38回日本熱傷学会で東京に来ています。
 美容外科学会が終わって…
 札幌へ帰って…
 月曜日と火曜日の診療をして…
 水曜日から東京に来ました。
 学会が好きなわけでもありませんが…
 たまたま同じ週に重なりました。
      ■         ■
 日本熱傷学会は、
 形成外科と救急が、
 毎年交替で学会を開催しています。
 昨年の学会長が日本医大形成外科の百束比古教授。
 今年の学会長は杏林大学救急医学の山口芳裕教授です。
 私が医師になった1980年(昭和55年)に…
 札幌で第6回日本熱傷学会が開催されました。
 32年前です。
      ■         ■
 32年前と比べると…
 やけどの治療も変わりました。
 医学が進歩した現在でも、
 治すのが難しいのがやけどです。
 深いやけどを痕(あと)を残さずに治すのは…
 今でも難しいのが現実です。
      ■         ■
 きれいになろうと思って受けた…
 光治療で深いやけどになることもあります。
 美しい女性の顔に、
 やけどのあとが残ることもあります。
 美容整形の先生が…
 どうしてやけどの学会?
 …と疑問に思われるかもしれません。
 やけどの治療を勉強することは、
 傷をきれいに治すことにつながります。
      ■         ■
 まみ子師長さんもいらしています。
 形成外科の先生とお話しするのも勉強になります。
 やけどの学会も楽しいです。
 学会への参加は一日だけですが…
 勉強をして帰ります。
 学会内容のレポートは…
 また明日から書きます。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ