医学講座

第39回日本熱傷学会(沖縄)④

 昨日、沖縄から帰ってきました。
 沖縄⇔札幌の直行便は…
 一日一便しかないので…
 お昼の便で帰りました。
 学会は一日しか参加できませんでしたが…
 沖縄へ行ってよかったと思います。
 定年退職したら…
 ゆっくり訪れたいと思います。
      ■         ■
 札幌で第6回日本熱傷学会があったのは…
 私が医師になった1980年です。
 熱傷の『ねの字』もわからない時でした。
 私の仕事は学会の写真係りでした
 レディースプログラムという、
 偉い先生の奥様の観光ツアーの写真係りをさせていただきました。
      ■         ■
 それから33年。
 熱傷治療は進歩しましたが…
 深く焼けてしまった皮膚を…
 まったく元通りに治すことは…
 残念ながらまだできません。
 第39回日本熱傷学会(沖縄)②
 …に書いたように…
 今はフィブラストスプレーという薬のおかげで…
 治りが格段によくなりました。
 手術をしないで治す例が増えました。
      ■         ■
 もう一つの進歩は手術器械です。
 ダーマトームという…
 皮膚を薄くスライスして採取する器械が進歩しました。
 私たちが形成外科専門医を取得するのに…
 最初の難関はダーマトームでした。
 とにかく扱いが難しかったです。
 難しかったのがパジェットと呼ばれるダーマトームでした。
      ■         ■
 ドラム式ダーマトームとも言います。
 Padgett-Hood型ダーマトーム
 缶を半分にしたような器械に…
 専用の糊をつけて…
 皮膚を薄く採取する器械です。
 とにかく扱いが難しかったです。
      ■         ■
 Padgett-Hood型ダーマトームは今では使う人はなく、
 専用の糊も販売されていないようです。
 現在多く使われているのが…
 電動式ダーマートームです。
 AESCULAP(エースクラップ)社製の製品がよく使われます。
 昔と比べて格段に皮膚が取りやすくなりました。
 若い先生にパジェットの話しをしても通じないようです。
 AESCULAP社製品はドイツ製です。
 ドイツの切れ味は素晴らしいものがあります。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ