医学講座

脂肪吸引で心肺停止_1億3362万円

 院長日記でご紹介した、
 美容医療裁判の本2019
 埋没法で感染_2795万円
 …の続きです。
 美容外科手術で重篤な後遺障害や死亡事故があります。
 手術を受ける側の患者さんはくれぐれも注意してほしいです。
      ■         ■
 美容医療で事故が起きると大変です。
 保険診療のふつうの医療でも死亡事故があります。
 自分の身体をきれいにしたいと思って受けた美容医療で、
 心肺停止や蘇生後脳症なった例がいくつもあります。
 簡単に脂肪吸引はできません。
 脂肪吸引をすることで、
 脂肪が肺につまる肺塞栓はいそくせん
 …という合併症があります。
      ■         ■
 美容医療裁判の本2019に掲載されていた、
 裁判例です。
 判タ1415号 379頁
 東京地裁判決 平成25年3月14日

 判タ1415号
 …というのは、
 判例タイムズという雑誌の1415号です。
 東京地裁平25.3.14判決
 美容外科クリニックでの脂肪吸引手術中に,患者が心肺停止状態となり,蘇生後脳症となったことについて,執刀医の麻酔管理上の注意義務違反を認めた事例

      ■         ■
 この事件を検索すると、
 平成23年(ワ)第10084号
 東京地裁民事第35部
 …という、
 損害賠償請求事件が出ます。
 脂肪吸引手術中に心肺停止状態となり、
 大学病院に救急搬送されたが、
 蘇生後脳症になった事故です。
      ■         ■
 麻酔は、
 硬膜外麻酔、
 静脈麻酔、
 吸入麻酔で行われました。
 手術中に、
 フェンタニル、
 プロボフォールが追加投与され、
 その後に舌根沈下によるイビキ様呼吸
 SpO2が68%まで低下したようです。
      ■         ■
 イビキ様呼吸が出た時点で、
 すぐにマスクによる酸素投与と換気をしていれば、
 心肺停止にはならなかったのに、、、
 …と私は思いました。
 手術を担当したのは、
 なんちゃって医ではなく、
 技量を持った美容外科医だったと想像します。
      ■         ■
 事故は一瞬で起こります
 ちょっとした変化に気づくことが大切です。
 モニターも必要です。
 ふつうの病院で、
 ふつうの手術をする時にも事故は起こります。
 医療事故裁判の本を読んで、
 手術をする側も、
 手術を受ける側も勉強するのがいいです。
 簡単な手術はありません。
 私も事故を起こさないように毎日気をつけて手術をしています。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ