医学講座

第107回日本美容外科学会(JSAS)東京③

 今日は2019年4月19日(金)です。
 昨夜、札幌に帰ってきました。
 昨日の最高気温は北海道が高かったようですが、
 今日の札幌は寒いです。
 桜が山形で満開になったと、
 帰宅後にTVを見たら大きく映っていました。
 さくらんぼさんもお母様と行かれたそうです。
      ■         ■
 2つある日本美容外科学会のうち
 こちらの日本美容外科学会(JSAS)は、
 十仁系と呼ばれる美容外科学会です。
 実際に美容外科だけをやっている先生が大部分です。
 私などは門外漢です。
 役に立つ情報がたくさん得られます。
      ■         ■
 学会2日目は、
 シンポジウム5
 題名:二重形成術手技において最も大切と考 えているポイントを紹介
 座長:小泉正樹
 演者:水野 力、平田修人 、横谷仁彦、小野准平 、池田欣生

 …を朝から聞きました。
 とても勉強になりました。
      ■         ■
 美容外科を専門としていて、
 二重手術の経験が多い先生でも、
 理想の二重を作るのは難しいです。
 もう少し詳しく説明すると、
 誰が手術をしても、
 理想の二重
 …を作るのが難しい目の人がいます。
      ■         ■
 私は最初の演者、アネシス美容外科の、
 水野力みずのつとむ先生のご発表が印象に残りました。
 埋没法でも、
 きれいな二重がずっと持続する人は持続します。
 できるだけ副作用が少ない埋没法がいい
 私もその通りだと思いました。
 埋没法は簡単だと思うのは間違いです
 大きな副作用が出ることもあります。
 経験豊富な先生に丁寧に手術をしてもらうことです。

学会長の久次米先生ありがとうございました
TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ