院長の休日

定年後は女房対策こそ重要

 平成23年1月23日、朝日新聞朝刊、声の欄への投稿です。
 定年後は女房対策こそ重要
 無職_松永健_(岐阜県池田町 68)
 定年後、何か一番変わるか。答えは女房とほとんど四六時中向き合っていることではないだろうか。女房との仲がうまくいかなければ毎日が悲惨である。定年後8年経った今、切実に感じるのは女房対策は見逃せない重要なことだということだ。
 対策の第一は台所、掃除、洗濯、買い物など日常生活はとうていかなわず、「家来」にならざるをえない。だから、この分野では決して逆らわない方がいい。もし「どうしてもこれが食べたい」と思った時は、自分で台所に立つことだ。できれば、食材の仕入れから皿洗いまで全部、自分でやった方がいい。
 第二に、小遣いは家計費からもらわない方がいい。もらえばますます監視され、従属的になるだけだ。その日のために、現役時代からちびちびとためておくことだ。もちろん、「へそくり」の額は知られてはならない。
 第三の対策は、けんかにならないようにすることだ。その秘訣は会話で「NO」という否定語を少なくすることだ。つまり相手を受容するのだ。生活でどちらが正しく、どちらが間違っているということはないのだから。
 (以上、朝日新聞より引用)
      ■         ■
 人生の先輩、松永様の…
 貴重なお言葉を…
 しっかりと受けとめました。
 しいて言わせていただくなら…
 定年前も…
 女房対策は重要です。
      ■         ■
 開業してからというもの…
 毎日、奥さんといっしょです。
 出張も当直もなくなりました。
 家庭でも…
 職場でも…
 いっしょは大変です。
      ■         ■
 ご夫婦とも医師で、
 いっしょのクリニックで、
 仲良く開業している先生がいます。
 正直なところ…
 すごいと思います。
 さくらんぼさんのお宅も…
 すごいです。
      ■         ■
 投稿者の松永様のお言葉…
 相手を受容する
 生活でどちらが正しく
 どちらが間違っているということはない
 とても貴重なアドバイスです。
      ■         ■
 本間家は…
 今年、結婚して30年です。
 何度も危機がありました。
 30年前は最高だと思っていたのですが…
 これからは…
 お互いにぼけないで…
 他の人に迷惑をかけないようにして…
 生きていきたいと考えています。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ