医療問題

美容整形だけではありません①

 昨日の院長日記でご紹介した、
 内閣府の
 エステ・美容医療サービスに関する消費者問題についての建議
 …には、エステに関する問題も掲載されています。
 その一部をご紹介すると…
 エステで光脱毛を2回受けた後、
 皮膚が赤くなった。
 その後赤みは引いたが、
 5センチ四方以上のあざが残り、
 2か月たっても消えない。
      ■         ■
 このエステの光脱毛は違法です。
 99%以上の日本人は、
 エステで脱毛するのは当たり前で、
 何の違法性もないと考えています。
 ところが…
 厚生労働省では、
 医師免許を持たない人が、
 光やレーザーなどで脱毛することを禁止しています。
      ■         ■
 エステでの脱毛という、
 2007年3月13日の院長日記に書いてあります。
 厚労省は2001年、各都道府県に「強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為」が医療行為にあたると通知している。
 国民生活センター(東京)によると、光脱毛機をめぐり、「わきの脱毛をして痛みを感じた。医者に行ったらやけどと診断された」「足の脱毛で水ぶくれができた」などの相談が寄せられているという。
      ■         ■
 日本の脱毛は…
 タクシー乗り場に違法な白タクが並んでいて…
 正規タクシー運賃の半額以下で、
 過当競争を繰り広げているのを…
 監督官庁が見逃しているようなものです。
 保健所には警察権がないので、
 傷害事件にでもして…
 警察が関与しない限り…
 エステの脱毛は無くなりません。
      ■         ■
 そもそもレーザーや光による脱毛は…
 毛をやけどさせる治療です。
 程度の差こそあれ、
 照射後には必ず赤くなります。
 これを治療できるのは、
 医師免許を持った人だけです。
      ■         ■
 エステで光脱毛
 5センチ四方以上のあざは、
 素人が治療したなら、
 業務上過失傷害罪か、
 医師法違反です。
 このような事例はよくあります。
      ■         ■
 警察署の婦警さんでも…
 違法だと知らずに…
 安いエステに通って脱毛をしている人が…
 ひょっとするといるかも知れません。
 もし全国一斉にエステが摘発されると、
 高いお金を払った
 全身脱毛フリープランは…
 …すべて水の泡になります。
      ■         ■
 もう少し国は国民に情報を提供すべきです。
 国民生活センターは優れた機関です。
 ここに警察権や捜査権を持たせて、
 もっと消費者、つまり国民を守るべきです。
 現状の保健所は、
 行政改革という名の人減らしで、
 とてもエステまで監督する時間がないと思います。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ