医学講座

第113回日本美容外科学会①

 平成24年1月21日(土)、
 東京で第113回日本美容外科学会がありました。
 組織会長は、
 神田美容外科形成外科医院の、
 征矢野進一(そやの_しんいち)先生です。
      ■         ■
 征矢野(そやの)先生は、
 東京大学医学部のご卒業。
 東京大学で医学博士の学位を取得された、
 とても優秀な先生です。
 私と同年代で、
 26年前のコラーゲン以来のお付き合いです。
      ■         ■
 初対面の征矢野先生は…
 とてもダンディでかっこいい
 今でいういけめんでした。
 東大には…
 こんなかっこいい先生がいるんだ…
 …というのが第一印象でした。
      ■         ■
 とても気さくな先生で、
 26年前はコラーゲンや、
 形成外科の話しをよくしていました。
 その後、征矢野先生は、
 神田美容外科形成外科医院を開業されました。
 いまや…
 コラーゲンやヒアルロン酸など…
 注入剤による美容医療の世界的権威です。
      ■         ■
 昨日の学会では、
 征矢野先生から、
 注入剤の使い方についてという発表がありました。
 征矢野先生の結論は、
 使い方の基本は、
 その製剤が使用する患者に対して安全であるかと、
 患部にどのような反応を示すかを知って用いることである。
      ■         ■
 つまり、
 一口に『しわ』と言っても…
 患者さんによって症状はまちまちです。
 単にヒアルロン酸を注射しますではなく…
 どの深さにどの程度入れるか…? 
 どんな針を使うか?…も問題です。
 価格だけで選ぶととんでもない結果になることもあります。
      ■         ■
 私は何度も征矢野先生の講演をお聞きしていますが、
 いつも感心するのは、
 新しい注入剤を試す時は、
 必ず征矢野先生の腕でテストされていることです。
 講演に使われるイラストも、
 先生のお嬢様が描かれた、
 かわいらしいピンクの皮膚の絵です。
 しわの治療神田美容外科形成外科医院をおすすめします。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ