昔の記憶

娘のあいさつに学ぶ

 平成24年1月30日、朝日新聞朝刊、
 ひとときへの投稿です。
 娘のあいさつに学ぶ
 まだ赤ちやんっぽさの残るぷくぷくした手を合わせ「いただきます」「ごちそうさま」と丁寧にあいさつする2歳半の娘。彼女がこの言葉を覚えたときは、料理を作った自分へのご褒美のようでうれしかった。
 私への言葉だとずっと思っていた。でもある日、これまで食事の最初と最後だけあいさつをしていた娘が、一口食べるたびに「ブロッコリー、いただきます」「おさかな、いただきます」と言い、一品目を食べ終わるたびに「ブロッコリー、ごちそうさまでした!」「おさかな、ごちそうさまでした!」「ごはん、ごちそうさまでした!」と手を合わせて言ったのだ。
 その姿を見た私は、はっとした。「いただきます」「ごちそうさま」のあいさつは、料理を作った人だけに向けられるものではない。毎月、お米や野菜を送ってくれる実家の両親や、食材として口に運ばれるまでにかかわったすべての人、さらに食材そのものへの感謝を表すものなのだ。
 そして、昨年の震災と原発事故直後にしみじみ感じた、毎日家族で食卓を囲めるありがたさも思い出した。感謝のあいさつを覚えた娘に敦えられた、ある日の食事だった。
 (神奈川県座間市_安藤由美_主婦_30歳)
 (以上、朝日新聞より引用)
      ■         ■
 この投稿を読んで…
 とてもあたたかい気持ちになりました。
 私の家にも…
 子どもが小さな時がありました。
 私は時間がなくて…
 あまり子どもと遊んでやれませんでした。
 夕食もいっしょでない時が多かった気がします。
      ■         ■
 子どもが…
 私の両親や…
 家内の両親と食事をした時に…
 みんなでたべたらおいしいね
 …と言ったのは、
 今でもよく覚えています。
      ■         ■
 釧路労災病院に勤めていた時には、
 おとうさん
 はやくかえってきて
 あそんでね
 …もよく言っていました。
 でも…
 忙しい病院で、
 早く帰れるかなぁ~?
 …と思っている時に限って救急車が来ました。
      ■         ■
 今朝のTVで、
 日本は超高齢化社会になり、
 子どもの数はますます減ると報道していました。
 若い人が幸せに結婚できて…
 女性が安心して子どもを産んで…
 安心して子育てができる社会にすることが、
 今の日本に一番必要だと思います。
 子は宝です

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ