医学講座

頭皮からの採皮②

 2013年6月10日の頭皮からの採皮①
 …の続きです。
 頭皮からの採皮は…
 特別新しいことではありません。
 昔からある皮膚の採取方法です。
 私が医師になった30年前からありました。
      ■         ■
 人間の皮膚は…
 自分の皮膚しか生着しません
 スキンバンクから皮膚をいただいて…
 一時的に傷を覆うことはあります。
 救命のためです。
 残念なことに他人の皮膚は脱落してしまいます。
      ■         ■
 自分の皮膚をとる時は…
 分層植皮(ぶんそうしょくひ)と言って…
 皮膚を薄くすりむくように取ります。
 りんごの皮を薄くむくのと同じです。
 ダーマトームというのは…
 早く言えば皮むき機です。
      ■         ■
 女性の顔を剃る…
 使い捨てのかみそりを滅菌して使う施設もありました。
 (今でも使っていると思います)
 小型のダーマトームに使う刃が…
 シックの男性用両刃タイプの刃を使うこともありました。
 もともと医療用のはなかったので…
 かみそりの刃を利用したのだと思います。
 私はシックの刃が好きでした。
      ■         ■
 第39回日本熱傷学会(沖縄)④に書いたように、
 電動式ダーマートームがとても進歩しました。
 AESCULAP(エースクラップ)社製の切れがいいです。
 かみそりを使っていた時代と比べて…
 格段に皮膚が取りやすくなりました。
 それと同時に大きな皮膚もとれるようになりました。
      ■         ■
 昔は…
 頭皮から皮膚をとると…
 頭部にははげが残り…
 皮膚を移植したところには毛が生えるという…
 かわいそうな例もありました。
 ですから年配の先生の中には消極的な人もいます。
      ■         ■
 私が頭皮から積極的に皮膚をとるようになったのは、
 藤田保健衛生大学形成外科の…
 吉村陽子教授のご発表を…
 確か…
 日本形成外科学会でお聞きしてからでした。
 今から25年以上前です。
      ■         ■
 吉村先生の発表をお聞きして…
 頭皮からこんなにキレイに皮膚が採取できて…
 毛も生えず…
 色もつかないんだ!
 …と感動した記憶があります。
 25年も経ってから…
 また注目されるとは思いませんでしたが…
 上手にとると、とてもキレイに治ります。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ