医学講座

性器の手術_男女差2019

 昨日の院長日記、
 がんばっても報われない社会
 素晴らしい祝辞だと思いました。
 東大の新入生だけではなく、
 選挙で当選した人たちにも、
 ぜひ読んでいただきたい内容です。
      ■         ■
 札幌美容形成外科を開業して15年、 
 保険診療で治してあげたいと思う方がたくさんいます。
 私個人がどうがんばっても、
 保険適応にできないのが、
 小陰唇縮小手術です。
 外国人でも困っている人がたくさんいます
 私は美容目的の手術ではないと思います。
      ■         ■
 かゆい
 痛い
 黒い
 ひび割れて血がでる

 たくさんの症状があるのに、 
 保険適応で手術ができません。
 男女差です。
      ■         ■ 
 男性の包茎は、
 真性包茎のままでも、
 困ることはめったにありません
 ちゃんと子供もできますし、
 おしっこも出ます。
 かゆいこともありません。
 無症状の方が大部分です。
      ■         ■ 
 それにくらべて、
 女性は大変です。
 毎月生理が来るたびに大変です。
 ただでさえめんどうなのに、
 かゆかったり、
 痛かったりすると苦痛です。
 私が生きている間に、
 ぜひ女子外性器縮小手術を、
 保険適応にしていただきたいです。
0912-1

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ