医学講座

電話帳と新聞2019

 今日は2019年4月29日です。
 平成31年4月29日です。
 平成も今日と明日でおしまいです。
 感慨深いものがあります。
 4月29日は昭和天皇の誕生日です。
 平成5年に64歳で亡くなった
 家内の父の誕生日です
 生きていれば91歳になっていました。
      ■         ■
 平成の時代に大きく変わったのが電話です。
 昔は黒いいえでんでした。
 今の若い人たちに、
 黒い電話
 …はわからないと思います。
 電電公社の時代でした
 家に電話があるのがステータスだった時代もありました。
 いえでんは少なくなっています。
      ■         ■
 私が札幌美容形成外科を開業した2004年は、
 まだ携帯よりいえでんが主流でした。
 携帯は通話料金が高く、
 端末価格も高かったので、
 いえでんで電話をかける人が多かったです。
 広告宣伝費も電話帳に多く使いました。
 開院初年の電話帳広告費は、
 一年間で800万円以上使いました。
      ■         ■
 2019年の電話帳広告費は、
 ほぼゼロです。
 電話帳を使う人がいなくなりました。
 街から公衆電話が無くなり、
 街に電話帳も無くなりました。
 発行部数も大幅に減っていると思います。
 今はスマホでネット検索です。
 こんなに変わるとは考えてもみませんでした。
      ■         ■
 電話帳が30年の間に変わったのと同じように、
 令和の時代に変わるだろうと私が予測するのが、
 新聞です。
 今の若い人たちは、
 新聞を読みません
 新聞を取る家庭も減っています。
 札幌では朝日新聞販売店が減りました。
 北海道で圧倒的に部数が多いのが、
 北海道新聞です
      ■         ■
 今はネットで新聞が読めます。
 北海道新聞のすごいところは、
 北海道新聞を購読していれば、
 追加料金なしで読めるところです
 他の全国紙は追加料金がかかります
      ■         ■
 道新は太っ腹です。
 私は北海道新聞社の経営方針に賛成です
 北海道新聞社は、
 北海道新聞の販売店を
 とても大切にしています。
 紙媒体の新聞が生き残るためには、
 購読者と販売店を大切にする経営姿勢が大切だと思います。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ