医療問題

美容整形だけではありません②

 平成24年1月18日の院長日記でご紹介した、
 内閣府の
 エステ・美容医療サービスに関する消費者問題についての建議には、
 たくさんの美容医療に関する問題が掲載されています。
 エステでアートメイクをアイラインに入れたところ、
 まぶたが腫れ、目がほとんど開かなくなった。
 広告に
 医療的見地に基づいた安全性を兼ね備えた信頼できる施術」とあったが、
 医師の姿はなかった。
      ■         ■
 そもそも…
 どこの大学医学部でも、
 6年間の授業や実習で、
 一度もアートメイクは教えません。
 医師国家試験にも出ません。
 もちろん…
 看護師国家試験にも出ません。
      ■         ■
 医師免許を持った先生が、
 アートメイクを入れているのは、
 きわめて少数だと思います。
 私が知っているのは、
 一人か二人だけです。
 全身に入れる刺青にいたっては、
 医師が彫ったというのは聞いたことがありません。
      ■         ■
 アートメイクを入れている方にお聞きすると…
 年齢とともに…
 目が悪くなって…
 細い線を描けなくなったので、
 眉やアイラインを入れていただいた。
 …という方が多いです。
      ■         ■
 とても上品に…
 お化粧と間違うくらいきれいに入れている方もいれば…
 私が見て…
 あ~ぁ
 こんなに入れちゃって…
 …という真っ黒で太い方もいらっしゃいます。
      ■         ■
 アートメイクは、
 きちんとした資格を作るべきです
 感染症などについての教育をすべきです。
 理容師・美容師のように、
 国家試験も作るべきです。
 施術所には保健所の検査も義務づけるべきです。
 刺青の彫り師まではわかりませんが、
 少なくとも一定の需要がある、
 アートメイクはしっかりとすべきです。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ