院長の休日

FaceBookで婚活

 昨日(平成24年6月27日)、
 朝日新聞朝刊に興味深い記事が掲載されていました。
 〈ニュース圏外〉いいね!で始まる男と女
 世界で9億人超が使うフェイスブック(FB)。いま、男女のドラマもここから生まれる。
 フライトが終わり、ホテルでそっとパソコンを開く。弁護士、医師、会社経営者……。画面には、女性の写真と紹介文を見て「交際」を申し込んできた男性たちのリストが並ぶ。
 外資系航空会社の客室乗務員の女性(29)は「恋人いない歴」5年。同級生は次々と結婚していく。4月、インターネットの交流サイトFBを利用した恋人探しのサービス「Omiai」に登録した。
 年齢や体格、職業、年収などの条件で検索し、気になった相手に「いいね!」のメッセージを送る。相手から「ありがとう、よろしくネ!」と返事が来ればペア成立だ。その後はFBを公開しあうなどして連絡を取り、交際を深めていく。女性には20日間で254人から「いいね!」が来た。パソコンで日々、「お見合い」を繰り返す。
 会費は男性が月1980円、女性は無料。2月のサービス開始後、会員は4万人を突破、ペア数は約5万2千組に及ぶ。
 人気の秘密は何か。
 2週間で700人から「いいね!」が届いた東京都の女性会社員(27)は「あまり知り合えなかった医師や経営者からアプローチされた」とFBのネットワーク力を挙げる。「合コンはいまや時間とお金の無駄」とも。条件はいま、強気に「年収800万円以上」に絞っている。
 サービスを提供する「ネットマーケティング」(東京都渋谷区)の宮本邦久社長は「『出会い系サイト』などと違い、実名で交流するFBは信頼性が高い」と指摘する。会員の女子大生(27)は「FBは相手とその友達との日常的なやりとりも見られ、人柄や雰囲気が分かって安心」と話す。
 海外ではネットを利用した同種の出会いのサービスは活況で、結婚に至るケースも多いという。
 ■夫婦・カップルの火種にも
 しかし、出会いがあれば別れもある。
 都内の女性(24)は2年前、友人の男性宅で撮った写真をFBに載せ、「タグ付け」をして、トラブルになりかけた。
 タグ付けは、FBに載せた写真に写っている相手の名前を書き込むと、その写真が相手のページに自動的に掲載される機能。いわば写真を関係者に焼き増しして配るような仕組みだ。友人男性から「恋人に見つかったら大変」と抗議され、女性はタグを外した。男性は恋人に「仕事で会えない」と言いながら、この女性とは会っていたのだ。
 ネット上には「FBで二股発見」の話が飛び交う。ある日、彼氏のFBを見たら、知らない女性が「幸せ!」とのコメント付きで彼とのツーショット写真をタグ付けしていた。これが浮気の証拠となって破局した――。
 離婚についての情報交換などをする英国のサイトによると、離婚裁判の書面の約3割に「FB」の文字が登場するといい、FBは夫婦関係にも影を落とす。
 「日本でも相談は増えていますよ」と夫婦・家族問題コンサルタントの池内ひろ美さんは言う。携帯電話からメール、交流サイトへ。通信手段を個人で持つようになり、それが夫婦の火種にもなっているという。
 特に、FBでは出身校を公開している人が多く同窓生とつながりやすい。「『いい時代』を共有する仲間との『同窓会』が不倫に発展するのは昔からよくあるパターン」だそうだ。
 また、一部のFB利用者は「自己承認欲求」が強く、「いいね!」と反応してくれた相手に好意を抱きがち。「夫や妻に相手にされなくなった人ならなおさら」という。
 「人とつながる機会が増えれば、こじれるリスクが伴うのは当然。浮気の意思がないのなら、円満な家族写真を載せるなどして予防線を」と話している。(斉藤寛子、佐々木学)
 (以上、朝日新聞より引用)
 

 

カフェでフェイスブックのお見合いサイトをチェックする女性
=東京都港区、吉本美奈子撮影

 (以上、朝日新聞より引用)

      ■         ■
 いつの時代でも、
 ♡よい相手♡を見つけるのは難しいものです。
 私も30年前には…
 ♡この女性は最高♡と思って結婚したものの…
 今はこのありさまです。
 自己責任とお互いに諦めています。
      ■         ■
 昔、家内の友人で、
 国際線の客室乗務員をしている女性が、
 わが家に遊びに来てくれたことがありました。
 それは美しい女性でした。
 でも…
 お聞きすると…
 不規則な勤務でなかなか知り合う機会がないとのことでした。
      ■         ■
 若い研修医も…
 なかなか知り合う機会はありません。
 朝早くから…
 夜遅くまで仕事です。
 休日も回診や当直があります。
 少しできるようになると…
 アルバイトの当直もあります。
      ■         ■
 研修医で年収800万円は無理ですが…
 少し年上でもよろしければ…
 30歳以上の独身男性医師は…
 たくさんいます。
 問題なのは…
 信じてもいい男性かどうかです。
      ■         ■
 フェイスブックは友だちもわかりますし、
 ふだんどんな行動をしているかもわかります。
 二股や三股は論外ですが、
 よ~く、よ~く見定めて…
 ほんとうに
 いいね
 …と思える人を見つけてください。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ