医学講座

診療報酬改定説明会への提言2018

 昨日の院長日記でご紹介した、
 平成30年度診療報酬改定説明会(集団指導)
 …への提言です。
 仕事とはいえ、
 膨大な量の説明を、
 1分の休みもなく、
 80分も話し続けるのは、
 過酷です。
      ■         ■
 昨日、説明してくださった、
 厚生労働省北海道厚生局医療課
 指導医療官の鎌田先生は

 何回も練習なさったことと思います。
 どんな大学の講義より、
 どんな学会の講演より、
 お疲れになった
 …ことと思います。
      ■         ■
 そもそも、
 2年に一度の診療報酬改定を、
 80分で説明するのは無理です。
 聞くほうも、
 自分の専門外のところは寝てしまいます。
 もっと効率よく情報伝達をすべきです。
 私は、
 大きな会場に千人以上の人を集めて、
 一方的に説明するのは非効率だと思います。
      ■         ■
 いくら厚生労働省の、
 指導医療官
 医療課長補佐が優秀でも、
 短時間ですべてを理解して、
 簡潔明瞭に説明するのは無理です。
 高校生物の教科書一年分を、
 80分で説明するようなものです。
 どうがんばっても無理です。
      ■         ■
 私は大きな会場で説明するのではなく、
 厚生労働省HPに、
 専門別にサイトを作ることを提言します。
 たとえば、
 日本形成外科学会で、
 外保連委員をしていらっしゃる先生が、
 平成30年の診療報酬改定について、
 解説されるのがいいと思います。
 動画で説明するのもいいと思います。
 会場で配布される資料は読みにくいです。
 北海道厚生局HPには、
 読みやすい資料があります。 

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ