医学講座

風邪に抗菌薬

 平成30年6月2日、朝日新聞朝刊の記事です。
 風邪に抗菌薬診療所の6割 効き目ないけど患者の求めで処方
 抗生物質などの抗菌薬はウイルス性の風邪には効かないにもかかわらず、約6割の診療所は患者から強く求められると処方していることが、わかった。日本化学療法学会と日本感染症学会の合同調査委員会が1日、岡山市で開かれている学術集会で発表した。抗菌薬を誤って多用すると薬が効かなくなる耐性菌が増えることから、国は適正処方を求めている。
 今年2月、無作為に選んだ全国1490カ所の診療所に郵送でアンケートをして、269カ所から有効回答を得た。ウイルス性の普通の風邪「感冒」と診断した患者やその家族が抗菌薬を希望した場合、「希望通り処方する」が12.7%、「説明しても納得しなければ処方する」が50.4%で、計約6割を占めた。
 また過去1年間で感冒と診断した患者にどれくらいの割合で抗菌薬を出したかを尋ねたところ、「4割超」と答えた診療所が20.2%、「2割以下」と答えた診療所は62%だった。処方した理由は、「重症化予防」(29.8%)や「二次感染の予防」(25.2%)などで、医学的根拠が乏しいと思われる理由だった。
 厚生労働省は普通の風邪に抗菌薬を使うことを推奨していない。適正使用に向けて医師向けの手引を配ったり、患者に説明して抗菌薬の使用を控えた場合に報酬が上乗せされる仕組みを導入したりしている。
 調査にあたった、国立国際医療研究センター病院の具芳明医師は「抗菌薬はウイルス性の風邪に効かないことを一般の人にも広く知ってほしい。正しい情報をどう伝えるかが今後の課題だ」と話す。(水戸部六美)
 (以上、朝日新聞より引用)

      ■         ■
 私は小さい頃から、
 よく風邪を引いていました。
 高校生の頃には、
 よく学校を休んでいました
 風邪を引くと、
 必ずと言っていいほど、
 扁桃腺が腫れました。
 扁桃腺に黄色いプツプツが見えました。
      ■         ■
 朝日新聞の記事に文句を言うつもりはありません。
 学会で発表した先生に文句を言うつもりもありません。
 ただの風邪で、
 鼻水とくしゃみに微熱がある程度でしたら、
 私は抗菌薬は不要だと思います。
 でも、
 のどに黄色いプツプツがあって、
 熱があって、
 扁桃炎だったら、
 抗菌薬は有効だと思います。
      ■         ■
 患者の求めで処方はありませんが、
 私は、
 のどの痛みがある、
 風邪は耳鼻科で診ていただいて、
 正確に診断をしてもらって、
 適切に治療していただくことをおすすめします。
 内科でただの風邪と診断された人が、
 副鼻腔炎だったことがありました。
      ■         ■
 注射用抗生物質の、
 セファゾリンは、
 咽頭・喉頭炎、
 扁桃炎
 急性気管支炎

 …に効能効果があります。
 私の友人の医師は、
 30代で扁桃腺摘出手術を受けました。
 ただの風邪の診断は難しいです
 副鼻腔炎を見逃された人はとても怒っていて、
 もう二度とあの病院に行かない
 …と言ってました。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ