昔の記憶

平成の思い出①

 昨日、新元号令和が発表されました。
 平成は、
 私にとって実にたくさんのことがありました。
 平成元年1989年4月1日に、
 札幌市に採用されました。
 市立札幌病院皮膚科の【技術職員】でした。
 皮膚科医ではないのに、
 名札は【皮膚科】でした。
      ■         ■
 私は35歳でした。
 私の医師としての青春時代を、
 市立札幌病院で過ごしました。
 充実した30代後半でした。
 平成7年1995年1月1日付で、
 JA帯広厚生病院に赴任しました
 十勝の1月はとても寒かったです。
      ■         ■
 JA帯広厚生病院で私を迎えてくれたのが、
 現在、筑波大学形成外科教授の関堂充先生でした。
 平成10年1998年3月31日でJA帯広厚生病院を退職し、
 私は札幌中央形成外科の副院長に採用していただきました
 平成10年1998年9月1日から、
 札幌医大形成外科の講師になりました。
 残念なことに追い出されてクビになりました。
 私にとって人生初の失業でした
 今から考えても一番辛かった時期でした。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ