昔の記憶

平成の思い出③

 平成の思い出②
 …に書いた北大での研究の続きです。
 私が勤務していた当時の市立札幌病院には、
 私以外にも北大の研究生になって、
 北大で研究をしていた先生が何人もいました。
 臨床医として仕事をしていると、
 わからないこと疑問が出てきます。
      ■         ■
 大学の図書館で調べることもできますが、
 どうしてもわからないことは、
 自分で研究して調べたくなります。
 自分の研究を学会で発表することにより、
 友だちの先生が増えます。
 いいことだと思います。
      ■         ■
 私が北大で研究をしたかった一番の目的は、
 マイクロサージャリーでした。
 私は形成外科認定医を取得した後で、
 釧路労災病院形成外科に赴任しました。
 立派な病院で設備も最高でした。
 手術用顕微鏡を使って、
 マイクロサージャリーの練習をしようと思いました。
      ■         ■
 残念なことに、
 病院内でラットなどの動物を使って、
 血管吻合の練習は無理でした。
 釧路労災病院から、
 函館中央病院に転勤しました。
 マイクロサージャリーを習得したいという思いはありましたが、
 動物を使って練習するチャンスはありませんでした。
      ■         ■
 平成元年1989年4月に市立札幌病院に赴任し、
 北大が近くなりました。
 大浦武彦教授から与えられた、
 ティッシュエクスパンダーの実験と平行して、
 私はラットで血管吻合の練習をしました。
 研究のおかげでマイクロサージャリーも上達しました。
 研究テーマを与えてくださった大浦武彦先生には、
 今でもとても感謝しています。
      ■         ■
 臨床で私にマイクロサージャリーを指導してくださったのは、
 形成外科メモリアル病院院長の、
 本田耕一先生
 北大形成外科准教授の、
 皆川英彦先生でした
 親切丁寧に指導していただいたおかげで、
 マイクロができるようになりました。
 教えていただき今でも感謝しています。
 私にとっていい時代でした。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ