院長の休日

けんちゃん

 今日は2019年9月17日(火)です。
 札幌の天気は晴れ、
 秋の空を感じます。
 昨日は用事で東京へ日帰り出張でした。
 りんごのおかげです2019に、
 コメントをいただきありがとうございました。
 おかげ様で元気が出ました。
      ■         ■
 2019年9月17日(火)、北海道新聞朝刊、
 いずみへの投稿です。
 けんちゃん
 昔農家だったせいか、やたら敷地の広い家で、用心のために外で飼っていた犬の「けんちゃん」が死んだ。春らんまんの5月中旬だった。朝、見ると、犬舎の前で横たわって動かなかった。
 家に来て14年たっていた。
 白地に茶色のブチで、人も犬も大好きな雄犬だった。だから番犬には向いていなかったのかもしれない。
 1週間ほどたった頃、敷地の前を通る坂道の上にある「栗の樹ファーム」の管理人という人が訪ねてきた。「最近、犬の姿が見えないけど、どうしたんだろう。行って聞いてきて」と、ファイターズの栗山英樹監督に言われて来たとのことだった。
 どうやら監督は、散歩の折や自宅への帰りがけに、けんちゃんに声を掛けてくれていたらしく、姿が見えなくなったのでどうしたのか気になっていたらしい。そう言えば、家の前に車の止まる音や、何か語りかける声を何度か聞いたような気がする。
 それからしばらくして家の前に監督が現れた。びっくりした。近くに住んでいるのに、話すのは初めてだった。
 遠征に行く途中のようなのに、車から降りてわざわざ寄ってくれたのだ。「けんちゃんには、ずいふん癒やされました」と言葉もかけてもらった。
 毎日の勝負でおそらく気の休まることがない監督に、けんちゃんはほんの少し役に立っていたのかな。監督の優しさにも触れ、胸が熱くなった。
 中井はま子なかいはまこ(79歳・無職)―空知管内栗山町
 (以上、北海道新聞より引用)

      ■         ■
 けんちゃん
 …というタイトルに、
 昔の私のことかと思ったら、
 犬の名前でした。
 私と違って、
 おだやかな性格のワンちゃんだったようです。
 投稿者の中井さまのおかげで、
 あの栗山監督でさえ、
 大変な毎日なんだなぁ~
 …と妙に納得しました。
      ■         ■
 お医者さんも、
 弁護士さんも、
 日ハムの監督さんも、
 大変な毎日です。
 私だけではないんだなぁ~
 …と思ったら気分が楽になりました。
 日ハムにもがんばっていただきたいです。
 朝からいい文章を投稿していただいた中井さまに感謝です。
      ■         ■
 北海道新聞社は、
 道新電子版を定期購読者に、
 無料で提供しています。
 全国紙では、
 500円程度の追加料金を取られます。
 夕刊も読むことができるようになりました。
 65歳の私は、
 北海道新聞の定期購読をおすすめします

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ