院長の休日

実家のトイレ修理の続き

 昨日の院長日記実家のトイレ修理の続きです。
 私は、
 部品がない
 買ったほうが安い
でも仕方がないと思っていました。
 2000年12月にできた19年前のマンションです。
 トイレを新品に交換するのは大変です。
 床もなおさなくてはいけません。
      ■         ■
 経年劣化けいねんれっかも仕方がないと思います。
 私はずいぶん、
 老朽化ろうきゅうかと言われました。
 自分自身が65歳になって、
 前期高齢者で老朽化しています
 経年劣化もあります。
 それでも元気で仕事をしています。
      ■         ■
 部品がありませんといわれるのと、
 修理可能ですでは、
 気分が違います
 とてもありがたいことです。
 またLIXILの製品を買おうと思いました。
 休日の朝からいらしてくださった担当者の方に感謝です。
 修理中に丁寧に説明もしてくださいました。
      ■         ■
 私の実家についている水洗トイレは、
 ごくふつうのタイプです。
 タンクの上に手洗いがついていて、
 横のレバーで水を流すタイプです。
 トイレは毎日使います。
 毎日水を流していると、
 当然、劣化する部品があります。
      ■         ■
 LIXILの方に説明していただきました。
 フロート弁という部品に、
 オーバーフロー管がついています。
 この管が劣化し、
 根元部が折れてしまったのが原因でした。

 ネットで検索すると、
 AMAZONでも売っていました
      ■         ■
 AMAZONのレビューを読むと、
 タンクを便器から取り外すと書いてありました
 これは私には無理だと判断し、
 LIXILに修理をお願いしました。
 LIXILの修理担当の方は、
 タンクを便器から外すこともなく、
 専用修理部品で見事に直してくださいました。
 さすが修理のプロは違います。
 同じような状態の方にはLIXILでの修理をおすすめします。
 水がチョロチョロ流れ続けていたら
 修理を依頼してください。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ