医学講座

市立札幌病院赤字の原因

 昨日の院長日記、
 市立札幌病院創立150周年の続きです。
 市立札幌病院苦境に_競争激化赤字に
 2016年3月13日の院長日記です。
 北海道新聞朝刊の記事を引用しています。
      ■         ■
 3年前の記事の中に、
 一般病床は752床から
 701床に
 51床減った

 …と書いてありました。
 昨日の記事では、
 現在は672床を備え、
 1日約2干人の患者を診療する

 …となっています。
      ■         ■
 この記事通りだと、
 3年間で80床が減少しています
 一割以上の病床が減ったことになります。
 私は国の政策が悪いと思います。
 私の家から一番近い病院が、
 市立札幌病院です。
 残念なことに、
 紹介状がないと初診時に5400円も取られます。
 再診時にも2500円がかかります。
      ■         ■
 私が勤務していた1989年当時は、
 近隣の住民や会社員が、
 紹介状がなくても受診できました。
 待ち時間は長かったと思いますが、
 近隣住民にもたくさん利用されていました。
 紹介状が必要という国の制度ができても、
 民間病院は近くにクリニックを作って、
 そこに患者さんを集めることができます。
 市立札幌病院にはできません。
      ■         ■
 昨日の記事をもう一度読んでみると、
 現在の病院は1995年に
 420億円かけて建設した

 …と書いてあります。
 私が市立札幌病院に勤務していた1989年から1994年に、
 市立札幌病院の建設工事が行われました。
 札幌市建設局から何人もの人たちがいらして、
 病院の一室で設計図を作っていました。
      ■         ■
 ふつうの人にはわからないと思いますが、
 民間病院でしたら、
 700床程度の病院建設に、
 420億円はかけません。
 災害が起きても壊れないように、
 特別頑丈に作ってあるのが市立札幌病院です。
 高額の建設費がかかったので、
 毎年の減価償却費が高いです。
      ■         ■
 築25年近く経っているので、
 毎年の維持管理にもお金がかかります。
 修繕費もかかります。
 非常用電源の減価償却費もかかります。
 災害に強い病院はお金がかかります。
 言い訳に聞こえると思いますが、
 赤字の原因は、
 お医者さんの給与が高いためではありません。
      ■         ■
 維持管理費がかかる、
 大型ジェット機の定員を、
 10%も下げて、
 紹介状を持った人しか乗れなければ、
 航空会社は倒産します。
 札幌市民の命を守る病院なので、
 何とか倒産しないようにがんばってほしいです。
 市立札幌病院OB医師としての願いです。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ