医学講座

マスク品薄への対処法

 中国の新型コロナウイルス肺炎で、
 マスクが売り切れています。
 札幌の地下鉄でも、
 マスクをしている人が増えています。
 売っていなければ、
 マスクをしたくてもできません。
      ■         ■
 いつものエビデンスがない本間仮説です。
 報道によると、
 新型肺炎は飛沫感染ひまつかんせんです。
 ウイルスを持っている人から発した、
 くしゃみや、
 咳が、
 顔にかかると、
 口、鼻、目などから、
 ウイルスが体内に入ります。
      ■         ■
 マスクは、
 吸う空気を漉過するためではなく、
 飛沫が顔につかなくするための役割が大きいです。
 ですから、
 なるべく大きめで、
 顔全体を覆うマスクがいいと、
 (私は)考えています。
 医療用マスクが売れるのは大きいからです。
      ■         ■
 マスクが売ってなければ、
 宗教上の理由で顔を隠す外国の女の人のように、
 顔全体を覆うのがいいです。
 大きめのマフラーで顔を覆うことや、
 スキーの時に使う、
 防寒対策の顔を覆う防寒マスクもいいです。
 外から帰ったら、
 洗って使うことです。
 そのままにしておくとウイルスがついたままです。
      ■         ■
 マスクより効果的なのは、
 顔に触れないことです。
 女の人は、
 外で化粧直しをしないことです。
 多少化粧がくずれていても放置です。
 口紅も塗りなおさないことです。
 外でコンタクトをつけるのも、
 外でコンタクトを外すのもダメです。
 目の粘膜からウイルスが入ります。
 エビデンスがない本間仮説ですが参考になさってください。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ