昔の記憶

札幌は大雪です2020

 雪が少ない
 …と言っていたら、
 驚くほど雪が降りました。
 あっという間に真っ白です。
 昨日の帰り道は、
 雪に埋まりました。
      ■         ■
 2020年2月6日(木)北海道新聞の記事です。
 道内、大雪と厳しい冷え込み 江丹別で氷点下31.6度
 上空に強い寒気が入り、冬型の気圧配置が強まった影響で、道内は6日朝にかけて、日本海側を中心に大雪となった。札幌管区気象台によると、午前9時現在、札幌市の積雪は72センチで平年を上回った。内陸部では、晴れて地表の熱が奪われる放射冷却現象で厳しい冷え込みとなり、旭川市江丹別で、最低気温が氷点下31.6度を記録。道内で今季初めて氷点下30度以下を観測した。
 午前9時までの24時間降雪量は、札幌市で40センチ、石狩市で30センチ、後志管内余市町で28センチなど。気象台は、冬型の気圧配置が続くため、7日正午までの24時間降雪量は日本海側南部で20センチ、6日の最大瞬間風速は陸上で35メートル、海上で30メートルと予想。猛吹雪や吹きだまりによる交通障害への注意を呼びかけている。
 6日の最低気温は、道内173観測地点のうち107地点で今季最低を観測し、上川管内幌加内町朱鞠内で氷点下31.2度、同町で同28.9度など。上川管内東神楽町志比内は同26.3度で、2月の最低気温を更新した。
 気象台によると、6日午後以降も上空に強い寒気が残るため、日本海側を中心に9日ごろまで雪が降りやすく、週末は局地的に大雪となる可能性があるという。(川崎学)

膝の下まで積もった雪の中を歩く市民ら=6日午前7時50分、
札幌市西区琴似1の4(中村祐子撮影)
(以上、北海道新聞より引用)

      ■         ■
 新型肺炎は患者数が増えています。
 豪華クルーズ船に乗船した人たちは、
 14日間も下船できないようです。
 糖尿病や高血圧の薬が切れる人が困っていると、
 北海道新聞に載っていました。
 お気の毒だと思います。
 雪も適当に降ってくれるのはいいですが、
 大雪が困ります。
 早く新型肺炎が終息してほしいです。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ