医学講座

桃田選手の眼窩底骨折

 今日は2020年2月9日(日)です。
 札幌は寒いです。
 暖冬と油断していたら、
 2001年1月以来、19年ぶりの強い寒気です。
 上川地方の江丹別で-36℃、
 札幌の最低気温も-14℃です。
 今朝の北海道新聞に、
 バドミントンの桃田選手の骨折が出ていました。
      ■         ■
 眼窩底骨折がんかていこっせつ
 …という骨折です。
 桃田選手が帰国した時の写真を見て、
 形成外科医が縫合したキズではないな?
 …と私は感じました。
 おそらく救急の先生が診断して、
 縫合したと思います。
      ■         ■
 形成外科専門医が顔面外傷を診察する場合は、
 必ず目の動きをみます。
 頬や上口唇のシビレをチェックします。
 顔面骨のCTを撮ります。
 CTの画像を見ると、
 眼窩底骨折は診断できます。
 小児の眼窩底骨折は24時間以内に緊急手術です
      ■         ■
 眼窩底骨折がんかていこっせつ
 眼窩ブローアウト骨折とも呼ばれます。
 頭蓋骨の眼球が入る部分を、
 眼窩がんかと呼びます。
 頭蓋骨はとても硬い骨ですが、
 目が入る部分だけ、
 とても薄い構造になっています。
 卵の殻を少し厚くした程度です。
      ■         ■
 私は形成外科で手術をする時に、
 この卵の殻のように薄い構造は、
 車の衝撃吸収バンバーだと説明していました。
 つまり、
 目という大切な器官を守るために、
 強い外力が加わった時に、 
 卵の殻が壊れて、
 眼球を保護する役割を持っています。
      ■         ■
 桃田選手は、
 プレー中にシャトルが二重に見えるなど、
 違和感があるとの申し出があった。

 日本で救急病院を受診しても、
 眼窩底骨折が見落とされることがあります。
 専門は形成外科です。
 海外で事故にあったら、
 Plastic Surgeon形成外科の先生に診てもらうことです。
 プラスチックの先生と覚えてください。
 プラモデルやプラスチックと同じ、
 プラスチックの先生です。

 

日本形成外科HPより引用
TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ