院長の日記

2007年6月18日 チェリー天国へ

愛犬のチェリー今朝亡くなりました。平成4年3月16日生。15歳3ヵ月でした。苦しまずに眠ったまま呼吸が止まりました。直接死因:慢性腎不全。直接には死因に関係していないが、経過に影響を及ぼした病名:悪性リンパ腫。... 続きを読む コメントはまだありません

2007年6月17日 チェリー危篤

愛犬のチェリーが危篤になりました。平成4年3月16日に北海道の紋別市で生まれたメスのシェルティです。平成4年5月に札幌市北区のホームセンター松崎という、今はもうなくなってしまったホームセンターで購入しました。ワンにゃん... 続きを読む コメントはまだありません

2007年6月16日 似鳥昭雄さん

今日の朝日新聞土曜版‘beonSaturday’にニトリの似鳥昭雄さん(63歳)が載っています。似鳥社長は、私が北海学園大学経営学部で聴講させていただいているニトリ寄附講座のスポンサーで講師でもあります。似鳥社長の... 続きを読む コメントはまだありません

2007年6月15日 手から毛が生える

手をヤケドした子供さんに鼠径部(ソケイブ、おへその外下方)から皮膚を移植しました。一見キレイに見えますが、皮膚の色調や質感が違います。6月13日にも解説しましたが、皮膚移植には全層植皮(ゼンソウショクヒ)と分層... 続きを読む コメントはまだありません

2007年6月14日 皮膚色の違い

ブラックジャックは黒人の子供の皮膚を移植してもらったので、顔の色が違っていました。これはマンガの世界の話です。皮膚だけ移植しても、他人の皮膚は生着しないというのが現在の医学常識です。国家試験で問題が出てもこの通りです。... 続きを読む コメントはまだありません

2007年6月13日 植皮術

昨日の日記を見て息子いわく、この手術はお父さんがしたの?そうだょ。ふ~ん。子供の皮膚は他人からでもつくの?いいゃ。自分のじゃないとつかないょ。ブラックジャックは黒人の子供の皮膚を移植してもらったから、顔の色がち... 続きを読む コメントはまだありません

2007年6月12日 瘢痕拘縮

昨日の続きです。息子がどこをヤケドしていたの?と聞いてきました。指だヨ。お前も指が曲がらなくてよかったな。息子…???。この間の日記で、国... 続きを読む コメントはまだありません

2007年6月11日 親の責任

私の息子も炊飯器でヤケドをしました。今から20年以上前のことです。私は慎重なので、家のコンセントにも保護用のカバーをつけて子供がケガをしないようにしていました。家内の実家に子供を連れて帰省しました。実家が関西だった... 続きを読む コメントはまだありません

2007年6月10日 ヤケドの予防

昨日は私が発表した加湿器のヤケドについて書きました。子供のやけどはどんなものでヤケドをしやすいか親が知っていれば防ぐことができます。やけどは意外と身近に発生しています。事故を未然に防ぐために家の中を見直してみましょ... 続きを読む コメントはまだありません

2007年6月9日 加湿器によるヤケド

私は2000年に行われた熱傷学会で、加湿器による乳幼児のヤケドを発表しました。この発表を読売新聞と朝日新聞が全国版で取り上げてくれました。その報道が契機となり、国民生活センターで調査してくれて、それ以降ハイブリッド式な... 続きを読む コメントはまだありません

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ