医学講座

第110回日本美容外科学会報告①

 昨日の美容外科学会は、とても勉強になりました。
 まるで眼瞼下垂学会のようでした。
 今まで、
 日本形成外科学会でも、
 日本美容外科学会でも、
 これだけ眼瞼下垂を議論したことはありませんでした。
 会長の宇津木龍一先生の企画力に脱帽です。
      ■         ■
 学会を聞いた感想は…
 どの先生も苦労して手術しているなぁ~
 左右差を無くするのは、大変だなぁ~
 眼瞼下垂症手術は、
 やればやるほど難しい手術です。
 これが、学会の正直な感想です。
      ■         ■
 患者さんの満足度を上げるのは…
 大変なことだと思いました。
 昨日の学会で印象に残った発表は、
 北里研究所病院美容医学センター、
 佐藤英明先生のご発表でした。
 眼瞼下垂症手術をしても、
 鼻根部(鼻の付け根)の…
 横じわが目立った!
 という患者さんのご不満
      ■         ■
 ご高齢の方で…
 とくに皮膚が余っていて…
 眼瞼下垂の手術で…
 眉が下がって…
 その結果、
 鼻の付け根のしわが目立つようになった!
 確かに、経験することがあります。
      ■         ■
 学会長の…
 宇津木龍一先生のご発表も勉強になりました。
 さすが帝国ホテルで…
 超セレブな方を担当していらっしゃる先生。
 瞼(まぶた)を治す前に…
 額や眉を治してしまう…。
 保険診療だけではできない治療です。
      ■         ■
 形成外科の技術力で、
 いかに患者さんの満足度を上げ…
 より自然に美しく見せるか…
 帝国ホテルの、
 宇津木流の技(わざ)を見せていただきました。
 半日の学会でしたが、
 実に有意義な学会でした。
 宇津木先生ありがとうございました。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ