医学講座

手術後一年の経過

 自分で体験してみて…
 やはり…
 傷が治るには…
 時間がかかるなぁ…
 …とつくづく思います。
 医師は経過はわかっても…
 感覚まではわかりせん。
 患者さんになってみて…
 はじめて感覚がわかりました。
      ■         ■
 手術したなぁ~
 …という感覚は、
 手術から半年は続きます。
 見た目も違いますし…
 瞼を触ると…
 自分の瞼が…
 手術したんだから…
 そっと触って…と言っています。
      ■         ■
 私は典型的なおっさんなので…
 女の人が嫌う…
 おしぼりで顔を拭くのが好きです。
 顔を洗うのも好きですし…
 お風呂上りには…
 タオルでよく顔を拭きます。
 タオルでごしごしが好きでした。
      ■         ■
 このタオルで顔を拭くのが…
 なかなかできません。
 まぶた以外は大丈夫ですが…
 傷に触るとまずいので…
 手術から半年は…
 そっと洗うだけでした。
 今でも前のようにごしごしはしていません。
      ■         ■
 手術から2ヵ月は…
 寝ている時に目に触らないように、
 アイマスクをしてい寝ていました。
 アイマスクをすると…
 真っ暗でよく眠れました。
 途中で取れていたこともありましたが…
 アイマスクは効果的でした。
      ■         ■
 今は近くで傷を見ても…
 よくわからないほどきれいです。
 手術をしてくださった、
 聖路加国際病院形成外科の、
 大竹尚之先生のおかげです。
 ある程度の年齢になって、
 まぶたが下がってきたら…
 手術で治すと快適になれます。
 自分の体験からもおすすめします。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ