医学講座

PIP社豊胸シリコン

 日本経済新聞HPからの引用です。
 平成23年12月24日に朝日新聞などにも掲載されていました。
 仏政府、3万人に豊胸材の摘出勧告 破裂の恐れ
 【パリ=共同】フランス保健省は12月23日、同国のポリ・アンプラン・プロテーズ(PIP)社製シリコーンを埋め込む豊胸手術を受けた同国内の女性に対し、破裂する確率が高いことなどを理由に、「予防的措置」としてシリコーンを摘出するよう勧告した。
 フランス保健省によると、フランス国内で対象となる女性は約3万人に上るとみられる。同国メディアによると、世界では同社製シリコーンを埋め込む豊胸手術を受けた人は、中南米、欧州諸国を中心とした65カ国以上で数十万人に上る見通し。
 同社製シリコーンを使った豊胸手術を受けたフランスの女性のうち8人に乳がんなどのがん発症が確認されたため、保健省が安全性を調査していた。発がんリスクについては「他社の豊胸材よりも高くない」として危険性を否定した。
 フランス政府は、摘出手術などの費用に対し健康保険の適用を認める方針。
 PIPはシリコーン豊胸材生産で世界3位の大手だったが、医療用としては未認可の産業用シリコーンの使用が発覚したため、昨年製品の製造が禁止され、経営破綻した。同社は年間で10万個のシリコーン豊胸材を生産し、うち8割以上を輸出していた。輸出先に日本が含まれていたかは不明。
 フランス国内では同社に対する苦情が殺到しており、司法当局は捜査を開始している。
      ■         ■
 輸出先に日本が含まれていたかは不明
 …と書かれていましたが…
 日本でも使われていました。
 美容外科学会などで展示され、
 確か…?
 PIP JAPANという会社がありました。
      ■         ■
 日本で正式に認可された豊胸材料はありません。
 すべて医師の個人輸入という形で輸入され…
 美容外科で使われています。
 輸入する時に…
 一定数量以上だと…
 医薬監証明(いやっかんしょうめい)という書類を、
 厚生労働省へ提出します。
      ■         ■
 成田から輸入する時は、
 さいたまの関東厚生局へ提出します。
 そこで書類を調べると…
 どのクリニックが輸入したかわかります。
 PIPは価格が安かったので、
 使っていらした先生もいたようです。
 CEマークも取得していて安全と言われていました。
      ■         ■
 日本の厚生労働省も…
 少しはフランスを見習って欲しいです。
 調査だけでもして…
 国民に正しい情報を開示してください。
 私は…
 開業前も開業後も…
 PIPのインプラントは使用していません。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ