昔の記憶

母の唯一の同窓会

 平成24年7月17日、朝日新聞朝刊、
 『ひととき』への投稿です。
 母の唯一の同窓会
 我が家の近くで一人暮らしをする85歳の母に、小学校の同窓会の通知が届いた。うれしそうにはがきを見せる母をいぶかしく思い、「行くつもりなの?」と聞いた。生まれ育った静岡県袋井市で開催とある。視力の落ちた母が1人で行くには近いとは言えない。
 でも、「これが最後だと思うから、どうしても行きたい。新幹線のホームまで送ってくれればいい」と、温和な母が珍しく引かない。それほど言うのならと、夫に頼んで会場まで車で送ることにした。
 車が故郷に近づくにつれ母はおしゃべりになった。幾度となく聞かされた昔話。17歳で母親を亡くし、5人の弟妹の世話や農作業に追われ、青春を過ごした。大変でなかったはずはないのだが、思い出はみな温かく懐かしいのだろう。
 会場の前まで来ると、「ありがとう」を繰り返し、「私はね、小学校しか出てないから、同窓会はこれだけなんだよ」と、つぶやいて車から降りた。
 小さな後ろ姿に、「いっぱい楽しんできてね」と声援を送った。そして「行くつもりなの?」と意地悪く聞いたことをわびた。
 母にとって、たった一つの同窓会なのだ。
 東京都調布市 山崎正江_主婦_62歳
 (以上、朝日新聞より引用)
      ■         ■
 私の祖母、太田キヨも小学校しか出ていません。
 和裁の学校へ行ったようですが、
 最終学歴は小学校です。
 札幌市北区茨戸(ばらと)が…
 祖母が育ったところです。
      ■         ■
 祖母が小学校の同窓会に行ったかどうか…?
 私には記憶がありません。
 85歳というと私の両親の年代です。
 もう亡くなってしまった人が、
 生きている人より多いと聞いています。
      ■         ■
 私が卒業した小学校は、
 北海道美唄市の炭鉱の街にありました。
 炭鉱が閉山して…
 小学校も閉校してしまいました。
 小学校の同級生とは…
 何年も会ったことがありません。
      ■         ■
 85歳になって、
 小学校の同窓会に出席できるのはすばらしいことです。
 もっと素敵なのは、
 近くにお嬢様がいらして、
 同窓会の会場まで車を運転してくださる、
 素敵なご主人がいらっしゃることです。
 きっと…
 大切にされているおばあちゃんだと思います。
 いつまでもお元気で!

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ