昔の記憶

若い人への助言

 もうすぐ60歳のじじいになって思うことです。
 若い人はいいなぁ~
 自分が若い時には…
 気付きませんでした。
 彼女もいなくて…
 不遇な青春時代もありました。
      ■         ■
 昨日の院長日記、
 プロポーズ大作戦という番組の思い出に書いた、
 男性5人、
 女性5人は、
 全員元気です。
 奥さんもご主人もいます。
      ■         ■
 どういう偶然か…?
 私たちだけが夫婦です。
 神さまは…
 時にいたずらがお好きなようです。
 たまたま…
 ご縁があっただけのことです。
      ■         ■
 今も昔も…
 生涯の伴侶を見つけるのは…
 上手な美容外科医を見つけるより…
 ずっと難しいと思います。
 この人はいいと思っても…
 売り切れていたらおしまいです。
      ■         ■
 若い人に伝えたいことは、
 よ~く考えなさい。
 あせって決めるんじゃない
 …という…
 …私の考えです。
      ■         ■
 結婚の条件という、
 2008年8月10日の院長日記に書いてあります。
 平成20年8月9日、朝日新聞朝刊、
 be on Saturdayの記事です。

 ゴーン道場
 結婚の条件
 深いきずなが必要
 ―結婚を長続きさせるコツを教えてください。
 難しい質問ですね。
 私は日頃から、
 娘には
 「急いで決めず、
 時間をかけて考えるんだよ」
 と言っています。
 伴侶を選ぶときは
 本当に真剣に考えたほうがいい。
      ■         ■
 ―まず、よく考えること?
 そうです。
 「初恋だから」
 なんて理由で
 結婚してはよくないよ、
 と言っています。
 親が子どもに
 「早く結婚しろ」
 なんてせかすのはもってのほか。
 子どもたちが
 本当に納得した上で
 結婚を決めないと
 意味がないのです。
 なぜなら、
 結婚は
 バラ色の楽しいことばかりではない。
 仕事や研究と同じで、
 モチベーションがないと
 長続きさせるのは難しいんです。
      ■         ■
 ―長続きさせるのに大事なことは?
 伴侶となる相手と
 深いきずながあること。
 同じ価値観や
 家族観、
 信仰
 などがきずなとなるでしょう。
 同じ国、
 文化、
 教会
 などで結婚した夫婦が
 長続きするケースが多いのは、
 そんな根本的な
 きずながあるからでしょう。
 見せかけのきずななら、
 最初の2、3の衝突で
 関係は破綻してしまいます。
      ■         ■
 ―恋愛感情だけでは難しいのですか。
 恋愛感情が悪いわけではないですが、
 それだけでは困ります。
 共通の価値観、
 優先順位など、
 共通項(commonality)が
 なければなりません。
 恋愛感情だけなら
 結婚する必要はないでしょう。
      ■         ■
 わざわざ結婚するのは、
 2人の間で
 家庭や価値観など、
 何かを共有したい、
 同じ人生を歩みたいと
 思うからでしょう。
 そうしたきずなが
 結婚の根拠となり、
 厳しい嵐を乗り切る
 船の支柱の役割を果たします。
 どんな夫婦にも、
 嵐は必ずやって来ますからね。
 (以上、朝日新聞より引用)

      ■         ■
 なかなか難しい課題です。
 お互いに最高だと思って結婚しても、
 あ〜ぁ
 と思うことがよくあります。
 私は結婚して失敗したとは思っていませんが、
 ♡らぶらぶ♡の期間は、
 長くは続きません。
      ■         ■
 前にも書きましたが…
 私は、
 どこまで許容できるか?
 …が一番のポイントだと思います。
 お互いの価値観を
 よく確認して、
 慎重に決めることが大切だと思います。 

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ