医学講座

第19回日本熱傷学会北海道地方会②

 重症の熱傷患者を救命し、
 社会復帰させるのは大変なことです。
 医学が進歩した現在でも…
 全国の限られた施設でしかできません。
 治療費も莫大にかかります。
      ■         ■
 旭川市には…
 ドクターヘリもある、
 旭川赤十字病院があります。
 救命救急センターも、
 形成外科もあります。
 立派な病院です。
      ■         ■
 旭川市消防本部は、
 旭川日赤病院が…
 重症熱傷治療に
 最適だとよくご存知です。
 ところが…
 救命救急センターが満床でした。
 ベッドがないのに引き受けられません。
      ■         ■
 火災現場に到着した救急隊は患者さんの処置をし…
 消防本部の通信司令室が…
 懸命に引き受けてくれる病院を探します。
 患者さんの側としては…
 せっかく救急車が来てくれたのに…
 なかなか出発しないのであせります。
 現場での24分はとても長かったと思います。
      ■         ■
 旭川医大救命救急センターへ搬送先が決まり、
 救急車は赤色灯を点滅して…
 大急ぎで医大へ向いました。
 患者さんは高齢の方でした。
 年齢が高いというだけで、
 重症熱傷の救命率が下がります。
 旭川医大救急の優秀な先生が救命してくれました。
      ■         ■
 問題はやけどの部位が、
 顔面、首、両手という…
 治療がとても難しい部位で、
 火災のため熱傷深度が深かったことです。
 救命しても、
 大きな障害が残りやすい部位です。
 高度の形成外科的手術が必要です。
      ■         ■
 残念なことに…旭川医大には、
 熱傷専門医も形成外科専門医もいません。
 旭川医大救命救急センターと
 旭川赤十字病院が協力して…
 受傷翌日に
 患者さんは旭川赤十字病院へ転院となりました。
      ■         ■
 旭川赤十字病院には、
 阿部清秀先生の弟子である、
 丹代功先生がいらっしゃいます。
 形成外科専門医で熱傷専門医です。
 寡黙ですが…
 とても優秀な先生です。
 (笑うと笑顔が優しい先生です)
      ■         ■
 丹代先生と阿部先生が、
 長時間の手術をしてくださり、
 治療がとても困難な…
 顔面と首のⅢ度熱傷を…
 みごとに治してくださいました。
 すばらしい結果だと思いました。
      ■         ■
 私は…
 旭川市消防本部南消防署東旭川出張所の、
 黒田数道様のご発表で、
 火災現場の写真を見たとき
 自分の親ならだめだと諦めたと思いました。
 それほどの熱傷でした。
 旭川市の緊急通報システムと、
 医療機関の協力と、
 優秀な丹代功先生のおかげで、
 高齢の重症熱傷患者さんが救命されました。
 とても感動した発表でした。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ