医学講座

陥没乳首のお母さんへ

 私たち人間は哺乳動物(ほにゅうどうぶつ)です。
 お乳を飲んで…
 赤ちゃんが大きくなります。
 特に初乳(しょにゅう)という最初のおっぱいには…
 赤ちゃんに必要なものがたくさん入っています。
 飲ませてあげていただきたいです。
      ■         ■
 飲ませてあげたくても…
 飲ませてあげられない
 上手に飲ませられない
 …のが陥没乳首のお母さんです。
 陥没していなくても…
 扁平でも赤ちゃんは飲みにくいです。
      ■         ■
 赤ちゃんは…
 何とかおっぱいを飲もうとして…
 必死で吸いつきます
 乳首が出ていないと…
 乳首に傷がつくことがあります。
 乳首に小さな傷がつくと…
 痛いです。
      ■         ■
 そんなお母さんにおすすめなのは…
 ピジョンという会社から発売されている、
 乳頭吸引器です。
 妊娠授乳中の手術③
 …でご紹介しました。
 ドラッグストアやアカチャンホンポで売っています。
 残念なことに…
 アカチャンホンポは札幌駅前から…
 アリオ札幌に移転してしまいました。
      ■         ■
 傷ついた乳首は痛いので…
 そのまま乳頭吸引器で吸うのは辛いです。
 私のおすすめは…
 ご家庭にあるオリーブ油など…
 赤ちゃんが口に入れても大丈夫な油を…
 ほんの少しだけつけることです。
 そうするとよくくっつきますし…
 痛みも少しは軽減されます。
      ■         ■
 手術でなければ治らないような…
 重度の陥没乳首のお母さんは、
 乳頭保護器という商品も発売されています。
 授乳中は手術ができませんので、
 いろいろと工夫しておっぱいをあげてください。
 私は陥没乳首で引っ張っても出ない
 …という女性は妊娠前に治療してください。
 保険適応で手術が可能です。
      ■         ■
 手術が必要かどうかわからない人は、
 とりあえず診察にいらしてください。
 無理に手術をおすすめすることはありません。
 おっぱいをあげて…
 あかちゃんを育てられるのはお母さんだけです。
 いらいらしたりしないで…
 大切に赤ちゃんを育ててください。

陥没乳頭の 女性の場合
陥没乳頭
TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ