医学講座

義務教育で教えないこと

 私たち日本人は教育水準が高い国民です。
 中学校までの義務教育で、
 日本語も英語も習います。
 理科も社会科(公民)も習います。
 大部分の人は…
 義務教育の後で高校に行きます。
      ■         ■
 残念なことですが…
 専門の勉強をして…
 医師国家試験に受かったお医者さんでも…
 わきが手術が健康保険で受けられると知らない人がいます。
 医師や歯科医師…
 薬剤師、臨床検査技師、看護師、診療放射線技師、
 理学療法士や作業療法士ですら…
 眼瞼下垂症(がんけんかすいしょう)
 …なんて病気を知らない人が多いです。
      ■         ■
 形成外科美容整形の違いも…
 あまりよく知られていません。
 私が細々と院長日記を続けている理由は
 義務教育で教えてくれない…
 形成外科や美容外科のことを…
 少しでも多くの人に知ってもらいたいからです。
      ■         ■
 自分には何の責任もないのに…
 まぶたが厚くて…
 アイプチでもメザイクでも…
 がんばっても二重にならない子がいます
 コンビニでバイトして…
 一生懸命お金を貯めて…
 おそるおそる美容外科へ行くと…
 あなたの目は安い埋没法では二重になれません
 …と高い手術をすすめられます
      ■         ■
 私が診た最多の糸は、
 片瞼に糸が11本も入っていました。
 瞼の裏側には、
 無残な糸の痕が、
 無数に残っていました。
 リストカットの痕のような、
 小さなキズが
 たくさん瞼の裏側についていました。
      ■         ■
 私の院長日記には…
 義務教育で教えないことが…
 たくさん書いてあります。
 私自身がよくネットで調べます。
 日本語だけでわからない時は、
 英語のサイトも調べます。
 今日はクリスマスイブですが…
 少しでもお役に立てるように更新しています。
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ