医学講座

高須克弥先生のお言葉【逆境の時】

 2018年2月は大変な月でした。
 立退きまで1ヵ月しかないのに、
 移転先が無くなりました
 私も奥さんも、
 絶体絶命
 もうだめだと覚悟しました。
 建物明渡しまで1ヵ月ちょっとしかありません。
 いよいよ閉院かと思いました。
 患者さんや、
 従業員のことを考えました。
      ■         ■
 そんな時に、
 たくさんの方に助けていただきました。
 ほんとうに、
 ありがたいことです。
 私が思い出したのは、
 高須克弥先生から、
 信じてはいけない人にいただいたコメントです。
 そうだよ
 逆境の時ほど本当の友人が発見できるんだ。
 落ち目の時は友人を見極めるチャンス。
 よかったと思いなさいね。

      ■         ■
 ほんとうに逆境の時に、
 助けてくださるのは、
 真の友人だと痛感しました。
 高須克弥先生は、
 私が尊敬する美容外科医です。
 高須克弥院長、涙の意見陳述
 2017年7月25日の院長日記です。
      ■         ■
 高須氏が説明したのは、
 美容整形に対する世の中の価値観を変えようと、
 奮闘してきた自身の半生だ。
 「お客様に満足のいく手術を施すことで信頼を得ていくとともに、
 自らメディアに積極的に出演し、
 世の中に美容整形の存在をアピールしました。
 もちろん、目立つことで多くのバッシングを受けました」

 私も高須先生を誤解していた時期がありました。
 申し訳ございませんでした。
      ■         ■
 高須氏が涙ながらに陳述したのが、
 亡き妻、シヅさんについて言及したくだりだ。
 高須氏によると、
 シヅさんは
 「自分を楽しんでいますか?イエス高須クリニック
 というキャッチコピーを考案。
 そしてその短縮形が、
 現在、CMなどで流れる「イエス高須クリニック」という。
 『イエス高須クリニック』の企業キャッチコピーは妻の遺産であり、
 私の大切な宝であります

      ■         ■
 高須克弥先生は多くの逆境を乗り越えられて、
 美容整形を世の中に広めてくださいました。
 私が尊敬する人生の師です。
 高須先生の逆境に比べたら、
 今の私の逆境なんかたいしたことはありません。
 残り1ヵ月を切りましたが、
 何とか新しい札幌美容形成外科を開業します。
 皆さまのご声援に感謝しています。 

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ