医学講座

第42回日本美容外科学会(千葉)④

 2日間の日本美容外科学会から昨夜札幌に戻りました。
 札幌は寒いです。
 今日の札幌は雨です。
 岩波正陽先生がテーマにされた、
 Combination Approach
 手技の選択肢を広げよう!
 …でしたが、、
 65歳で頭が固い私には、
 やはり切る手術が向いているようです。
      ■         ■
 学会二日目で印象に残った発表です。
 唇顎口蓋裂患者の上唇組織量不足に最終段階の治療として行う脂肪注入
 藤田医科大学形成外科
 表参道スキンクリニック外科センター2
 ○犬飼麻妃、井上義一、上原恵理、陳建穎、中西雄ニ2

 唇裂の患者さんに、
 脂肪注入をして口唇形態を整える手術です。
      ■         ■
 形成外科で手術をしても、
 どうしても口唇の左右差が気になることがあります。
 従来は、
 Abbe Flapアッベ皮弁という、
 大がかりな手術が必要でした。
 藤田医科大学形成外科の、
 犬飼麻妃先生が発表された、
 脂肪注入による修正手術はとてもいい結果でした。
      ■         ■
 藤田医科大学形成外科は、
 古くから唇顎口蓋裂治療に力を入れている大学病院です。
 昨日の院長日記にも書きましたが、
 若い先生が日本美容外科学会に参加して、
 美容外科の手技を学んで、
 形成外科の治療に生かすのはいいことです。
 これからも日本美容外科学会が発展することを願っています。
 岩波正陽先生ありがとうございました。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ