医学講座

札幌で五輪マラソン合意

 今日は2019年10月18日(金)です。
 札幌は寒いです。
 今朝の気温は9℃でした。
 自転車通勤で、
 今シーズンはじめてマフラーを使いました。
 私がJA帯広厚生病院に転勤になった時に、
 市立札幌病院の婦長さんから、
 『先生、帯広は寒いから…』
 といただいた、

 カシミアのマフラーです。
 20年たっても大切に使っています。
      ■         ■
 そんな寒い札幌に、
 ビッグニュースが突然やってきました。
 2019年10月18日、北海道新聞朝刊のトップ記事です。
 札幌で五輪マラソン合意 IOC理事会と組織委
 バッハ氏「健康守れる」
 【ドーハ共同】国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は17日、ドーハで2020年東京五輪のマラソンと競歩の会場について「IOC理事会と大会組織委員会は札幌市に移すことに決めた」と述べ、既に二者間では札幌開催で合意に達したとの認識を示した。組織委の森喜朗会長も受け入れる考えを表明した。開催都市の東京都をはじめ札幌市などとの調整がまだ残っているが、札幌開催は確実な情勢となった。

 

(以上、北海道新聞より引用)

      ■         ■
 棚ボタの札幌でマラソン開催に、
 札幌市長も、
 北海道知事も、
 もちろん私も、
 大喜びです。
 莫大な資金を使ってオリンピック誘致をした、
 東京都知事はご機嫌がよくないようです。
      ■         ■
 札幌の夏も暑いですが、
 東京と比較すると、
 扇風機とエアコンの違いがあります。
 東京はどんなにがんばっても、
 札幌の夏にはかないません。
 私はひとりの医師として、
 五輪選手の健康を守るために、
 札幌でマラソンと競歩を開催することに大賛成です。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ