医学講座

新型肺炎の薬と保険適応

 今日は2020年2月5日(水)です。
 札幌雪まつりが開催されていますが
 残念なことに新型肺炎の影響で人が少ないです。
 報道によると、
 2020年3月末までの宿泊キャンセルで、
 13万3千泊が解約、64億円の損失です
 北海道経済への影響だけで、
 2020年3月末までに最大641億になるという報道もありました。
 大変なことです。
      ■         ■
 少し明るいニュースは、
 タイで治療を受けた患者さんが退院したという報道です。
 昨日のTVにご婦人が出ていました。
 治療のおかげで、
 元気になっていました。
 ほんとうによかったと思います。
 タイの医療レベルは高いです。
      ■         ■
 北海道新聞によると、
 いくつかの薬が効くようです。
 よく知られているのが、
 インフルエンザの薬、
 タミフルです。
 オセルタミビルリン酸塩という成分です。
 タミフルと他の薬を組み合わせて治療したそうです。
      ■         ■
 日本で使う場合に問題になるのが、
 【保険適応】です。
 現行法の下では、
 【A型又はB型インフルエンザウイルス感染症及びその予防】
 …にしか使えません。
 新型コロナウイルス肺炎には保険外です。
 国立病院でも保険外です。
 保険外の薬を一つでも使うと、
 入院費もすべて自費になります。
      ■         ■
 新型コロナウイルスによる肺炎に関する治療費は、
 自己負担なしという報道もありますが、
 厚生労働省は、
 正確に情報を収集して、
 適応症の拡大をする必要があります。
 面倒な日本の保険医療制度です。
 何とか迅速に対応していただき、
 一日も早く終息させてほしいです。 

北海道新聞より引用
TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ