二重・眼瞼下垂

第31回日本眼瞼義眼床手術学会(西宮)③

 今回の第31回日本眼瞼義眼床手術学会で、
 学会長の
 兵庫医科大学形成外科学講座主任教授
 垣淵正男先生が力を入れられたのが、
 シンポジウム
 先天性眼瞼下垂の治療戦略
です。
 眼科の根本裕次先生と形成外科の3人の先生が発表されました。
      ■         ■
 先天性眼瞼下垂に対する当院での治療
 藤沢湘南台病院形成外科小久保健一先生
のご発表がよかったです。
 赤ちゃんが生まれて、
 目の開きが悪いと、
 とても気になります。
 お母さんは悩みます。
 手術時期や手術方法を決めるのも難しいです。
      ■         ■
 小久保先生のご発表の中で、
 手術時期を決める一つの指標として、
 公園デビューをあげられました。
 お母さんが、
 赤ちゃんとべビーカーで公園にお散歩に行く日です。
 他の人に見られて、
 かわいい目にしてあげたいです。
      ■         ■
 公園デビューの頃になると、
 赤ちゃんも、ものをよく見るようになります。
 少しでもよく見えるように、
 少しでも多くの光が目に入るようにしてあげたいです。
 小久保先生は、
 なるべく低侵襲で、
 赤ちゃんの目が開くようにしています。
      ■         ■
 新しい材料を使って、
 最新の治療で、
 生まれつき開きが悪い目を、
 かわいい目にしてくれます。
 先天性眼瞼下垂掌で悩んでいるお母さんに、
 藤沢湘南台病院形成外科小久保健一先生をおすすめします。
 とても腕のいい優しい先生です。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ