医学講座

限度額適用認定証2020

 今日は2020年10月7日(水)です。
 2020年はコロナ禍のため、
 大手企業も大変です。
 業績が悪化しているところがたくさんあります。
 手術を受けたくても、
 先行き不安だと受けられません。
 来年にはコロナ禍もおさまるだろうと私は思っています。
      ■         ■
 時間がある時なので、
 手術を受けたいと考えている人への助言です。
 限度額適用認定証という制度があります。
 保険医療機関で払う自己負担を少なくする方法です。
 特に高額の医療費がかかる人には助かります。
 ご自分が加入している、
 健康保険によって支払う限度額が変わります。
      ■         ■
 私たちのような中小企業は、
 社会保険に加入する時は協会けんぽです。
 協会けんぽは青い保険証です。
 この青い保険証の方は、
 収入による標準報酬月額によって、
 医療機関の窓口で払う限度額が変わります。
 ざっくり説明すると、
 給与の標準報酬月額26万円以下の方が、
 一ヵ月に6万円以上の医療費を払う場合には、
 限度額認定証を利用することをご検討ください。
      ■         ■
 札幌美容形成外科の手術ですと、
 立ち耳の手術を両側に行う時には、
 限度額認定証を使うと負担が少なくなります。
 もう少し説明します。
 協会けんぽの青い保険証ではなく、
 企業別の保険証をお持ちの方は、
 もっと少ない自己負担で診療を受けられることもあります。
 気をつけなくてはいけないのが、
 事前申請です。
      ■         ■
 病院に来て手術を受けてからではなく、
 手術を受ける前に申請して、
 限度額認定証をもらうことが必要です。
 申請から交付まで時間がかかることもあります。
 高額の医療費がかかりそうだったら、
 まずご自分が加入している健康保険の、
 限度額認定を申請することです。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ