医学講座

カメラのレンズが故障しました

 今日は2020年10月19日(月)です。
 先日、札幌美容形成外科で使っている、
 カメラのレンズが故障しました。
 写真を撮ったのに、
 いつものように撮れません。
 露出オーバーになっています。
 最初はストロボの故障?を疑いました。
      ■         ■
 予備のストロボに交換しましたが、
 露出オーバーのままです。
 カメラ本体の故障を疑い、
 カメラ本体を交換しました。
 それでも直りません。
 困りました。
      ■         ■
 患者さんをお待たせして、
 予備のレンズに交換しました。
 ようやく正常に写りました。
 今のレンズは電子機器です。
 おそらく絞りを調節する部分の異常だと思います。
 めったに故障しないカメラですが、
 異常があった時にはレンズも疑ってください。
      ■         ■
 私たち形成外科医にとって、
 写真が命です。
 専門医試験も写真で判定されます。
 手術記録にも写真です。
 論文投稿にも写真です。
 米国形成外科学会には、
 写真の撮り方の基準まであります。
      ■         ■
 私が形成外科医になった40年前は、
 写真はすべてスライド用フィルムでした。
 研修医の仕事に、
 スライド整理がありました。
 現像所から戻ったスライドに、
 一枚いちまい
 日付
 名前
 外来番号
 …を書いていました。
      ■         ■
 今はスライド整理も無くなり、
 写真もその場で確認できるようになりました。
 デジタル化された写真はきれいです。
 私たち形成外科医が使うカメラは、
 ちょっと高価なカメラです。
 レンズもマクロレンズというレンズです。
 ストロボはリングストロボです。
 写真が変だったら、
 レンズの異常も疑ってください。

故障したレンズです
TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ