医学講座

2007年8月10日 がん免疫療法

平成19年8月8日の北海道新聞に‘がん免疫療法’の記事が掲載されていました。治療を実施しているのは、帯広市の北斗病院です。私が帯広厚生病院時代にお世話になりました。もともと札幌の中村脳神経外科に勤務していた、鎌... 続きを読む コメントはまだありません

2007年7月29日 皮膚腫瘍の手術

日本形成外科学会認定施設は、毎年一回年次報告という報告書を提出しなければなりません。手術件数や学会発表の数。指導体制の変更の有無などを学会に報告し審査を受け認定施設の更新をします。最近は学会発表や学術論文発表を... 続きを読む コメントはまだありません

2007年7月28日 皮膚ガンの手術

『ガンです。手術が必要です』と言われて驚かない人はいません。『まさか?ガン?手術?』と普通の人は狼狽(ロウバイ)し、どうしよう?と思います。胃ガンができたとします。ガンは健康診断で見つかっても、更に内科で精密検査... 続きを読む コメントはまだありません

2007年7月26日 鹿野 恒 先生

昨日の日記に市立札幌病院救命救急センターの鹿野先生のことを書きました。気になって、Googleで鹿野先生を検索してみました。■■平成18年12月に開催された、第25回日本蘇生学会... 続きを読む コメントはまだありません

2007年7月25日 頭を冷やす

私は短気ですぐに怒ります。なるべく怒らないように気をつけていますが、自分の正義感や道徳観と合わないことには強い憤り(イキドオリ)を感じます。すぐに行動に移すので、日記にも随所に私の憤りが出ていると思います。外科医... 続きを読む コメントはまだありません

2007年7月23日 自己臭恐怖

自己臭恐怖という‘病気’があります。ワキガではないのに、自分はワキガじゃないか?と疑う人。口臭、おならの臭い、尿臭、場所不明の臭いなど、人によって症状はさまざまですが、自分の臭いを極度に気にする‘病気’です。精神神... 続きを読む コメントはまだありません

2007年7月11日 手術室の掟2

手術を安全に遂行するために、手術室にはさまざまな掟があります。昨日は挨拶について書きました。手術をするには、麻酔をかける必要があります。麻酔薬は手術の苦痛を取り除いてくれる有用な薬ですが、使い方を誤ると生命の危険を... 続きを読む コメントはまだありません

2007年7月10日 手術室の掟(オキテ)

手術室は外科医が技を披露する劇場だと書きました。私たち外科医にとって大切な仕事場が手術室です。総合病院では中央手術部という部門があって、専任の看護師が数十名も勤務している病院もあります。私が麻酔科研修をした昭和57年は... 続きを読む コメントはまだありません

2007年6月15日 手から毛が生える

手をヤケドした子供さんに鼠径部(ソケイブ、おへその外下方)から皮膚を移植しました。一見キレイに見えますが、皮膚の色調や質感が違います。6月13日にも解説しましたが、皮膚移植には全層植皮(ゼンソウショクヒ)と分層... 続きを読む コメントはまだありません

2007年6月14日 皮膚色の違い

ブラックジャックは黒人の子供の皮膚を移植してもらったので、顔の色が違っていました。これはマンガの世界の話です。皮膚だけ移植しても、他人の皮膚は生着しないというのが現在の医学常識です。国家試験で問題が出てもこの通りです。... 続きを読む コメントはまだありません

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ