二重・眼瞼下垂

時間がかかる眼瞼下垂症手術2019

 うちの奥さんに言われました。
 最近の眼瞼下垂症手術は時間がかかる
 年齢とともに、
 手術が遅くなったんじゃないか?
 失礼な!
 少しでも元に戻らないように!
 少しでも二重の幅が維持できるように!
 手間ひまかけてやってるからだ!
      ■         ■
 札幌美容形成外科の手術は、
 イメージは自然
 自然な仕上がりを大切にします

 私が開業前に考えたコピーです。
 いくら自然な仕上がりにしても、
 せっかくできた二重の幅が狭くなると、
 かなりショックです。
      ■         ■
 若い人から、
 私くらいの年齢の人まで、
 やはり、
 自然な二重は、
 Nativeひとえ弥生人には
 あこがれです。
 札幌美容形成外科は保険診療でも、
 美しい目
 …を目指しています。
      ■         ■
 再発しにくい眼瞼下垂症手術は、
 時間がかかります。
 切る長さ
 皮膚切除
 場合によっては脂肪切除
 固定する糸の本数

 たくさんの手間ひまがかかります。
 私の年齢のせいで手術が遅くなったのではありません。
 札幌美容形成外科でしかできない手術をしています。
aipuchi

“時間がかかる眼瞼下垂症手術2019”へのコメント

  1. なっちゅん より:

    学会に出席し、
    本間先生が考え抜いた術式と
    なってるのでしょう。

    今後受けられる方は
    嬉しいですね。

    先生は同じ料金なのに
    時間を更に掛けてお疲れ様です。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。へんくつながんこ医者なのに私を頼って来て下さる患者さんのためにがんばっています。家内とよく喧嘩をしています。

  2. えりー より:

    本間先生と奥様のやりとりで
    仲の良さが伝わってきます。
    熟練の技、丁寧な手法、
    先生だからこそ実現できる
    手術があるのだと思います。
    患者さんにとって本当に
    ありがたいことです。
    私は生まれつき二重ですが、
    母が一重で長年お化粧が大変
    だったらしく20年前に二重の手術
    をしましたが今は元に戻っています。
    二重の手術は奥が深いですね。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。毎日こんな調子です。丁寧にやれば時間がかかります。少しでも患者さんに満足してもらうためです。お母様は眼瞼下垂症手術を受けられるといいと思います。

  3. さくらんぼ より:

    私も主人に、「年々剪定遅くなったんじゃない?」「どうしたら美味しいりんごができるか考えているからだ!」先生の奥さまと似た事言ってますね。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。今日は思わずさくらんぼさん座布団10枚と言いたくなりました。さすが私が尊敬するさくらんぼさんのご主人様ですね。ご主人のお言葉は、私が座右の銘にしている忘れられないお言葉です。ありがとうございました。

  4. ラズベリー より:

    10人いれば十色、正確には二十色とも言えると思う。多少は仕方ない場合もありますが極端な左右差も困るので気をつかうのだと思います。60歳過ぎて色んな経験されて役に立ちたい、喜ぶ顔がみたいそう思ってくれる先生っていいですよね。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。『こんな私でも頼って来てくださる患者さん』はありがたいなぁ~と思って診療を続けています。がんばっている同級生も3月で定年退職とFBで見ました。とてもいい先生なんです。

  5. ラズベリー より:

    追記
    最近、職場でマツエクなるものが流行っているのかとても可愛くなった子がいます。テンションかかるのと取れるらしく時々マツエクメンテがいるらしくわたしはやってませんが二割くらい増やした感じが素晴らしい。それ以上やると重たい感じだったり水商売風みたいに感じちゃいますね。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    私は商売柄よく女性のまつ毛を見ます。マツエクは施術者によってまつ毛の負担がまったく違います。上手なマツエクは自然に見えます。個人的にはドラッグストアで売っているまつげ美容液で1㎝くらいのまつ毛になった人が一番いいと思います。まつ毛に負担をかけないで大切に育てると13㎜まで伸びていました。自まつ毛です。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ