院長の休日

耳鳴りと上手につき合う

 昨年2月に、
 とも耳鼻科クリニックを受診して…
 耳鳴りの検査をしていただきました。
 最近…
 耳鳴りがひどくなったかなぁ~?
 右耳だったけど…
 左耳もかなぁ~?
 …と感じていました。
      ■         ■
 新谷朋子先生の…
 一年に一度は…
 検査をなさってはいかがですか…?
 …というお言葉を思い出して…
 とも耳鼻科クリニックを受診しました。
 受付のお嬢さんも…
 看護師さんも…
 言語聴覚士の女性の先生も…
 私のことを覚えていてくださいました。
      ■         ■
 とも耳鼻科クリニックは…
 開院以来同じスタッフさんが勤務してくださっているそうです。
 開業医として…
 すごいことです。
 もうすぐ開院されて2年になるそうです。
 近くではご主人の新谷直昭先生が、
 しんたに内科消化器科を開業されています。
      ■         ■
 新谷朋子先生のお人柄が素敵なので…
 クリニックのスタッフも…
 ご主人も…
 笑顔で生活していらっしゃるのだと思います。
 名医に診ていただくと…
 治らない耳鳴りも快くなった気がします。
      ■         ■
 精密聴力検査の結果…
 私の耳鳴りは…
 昨年と同じレベルだそうです。
 日常生活に支障はありません。
 ただ…
 静かになった時に…
 秋の虫が頭の中にいるような感覚です。
 夜間もよく眠れるので…
 耳鳴りと上手につき合うつもりです。
 新谷朋子先生ありがとうございました♪

“耳鳴りと上手につき合う”へのコメント

  1. なっちゅん より:

    昨年と同じ結果なのに自覚症状が強いのは
    ストレスを抱えてるからではないでしょうか?

    開業医では、有給もなく、
    問診、オペ執刀、日記、メール相談、医学会
    勿論、経営もありますものね。

    素人の私から見ても、大変だと思います。
    多分、私の想像を遥かに越して、
    ご多忙なのだと推察致します。

    秋の虫が頭の中にいる感覚、
    日中は大変ですね…。

    病気と上手く付き合うって大切ですよね。

    私は毎日襲ってくる頭痛(交通事故のむち打ち)と
    いくら経っても仲良く出来ません。
    眼科に行ったり、コンタクトを変えたり、
    マッサージに通ったり、そして挙句の果てに入院しましたが、
    効果は幾分あったものの、絶大ではありませんでした。

    こんな風にパソコンに向かい、目を酷使するのも
    いい筈はないのですが、先生の日記が愉しみなのです。
    これはストレス解消なんですよ。

    患者は、いいお医者様にかかると、
    それだけで癒されますから。
    ここはそれなんです♪

    先生も新谷先生に癒されたのかもしれませんね。
    あと、そら君にも癒されて下さい。

    くれぐれも、医者の不養生にはならないで下さいね。

    完結に書けず、いつもすみません。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    ご声援ありがとうございます。どこの先生も大変な時代です。コメントをいただき十分に癒されています。感謝いたします。早く頭痛が快くなることをお祈りしています。難治性の頭痛は脳脊髄液減少症の可能性はないでしょうか?弁護士の高橋智先生のブログに載っています。一度、読んでください。

  2. さくらんぼ より:

    耳なりは私の主人もかなりひどいらしいのですが医者嫌いで行きません。聞こえも悪くなってるので補聴器でも なんて話してます。私も 疲れると蝉が鳴いてるようになります。 先生お大事になさってください。

  3. さくらんぼ より:

    なっちゅんさん、本間先生のいう通り 脳脊髄液が漏れていて頭痛がおこるかもしれません。 私の知人は安静にして治らずブラットパッチ?で治ったと言ってました。お大事に!

  4. なっちゅん より:

    本間先生、
    私の書き込みが癒しになっているなんて、
    光栄です。

    脳脊髄液減少症との事ですが、
    その権威、福山医療センターの守山先生に
    診て頂いたところ
    胸郭出口症候群ではないかと診断されました。

    ブロック注射を打ってましたが、
    一週間に一度の治療では、はかばかしく完治せず、
    とうとう入院し退院したところです。
    結果、幾分、快方の兆しが♪

    今後も通院はする予定です。
    ご心配ありがとうございます。

  5. なっちゅん より:

    さくらんぼさん、
    脳脊髄液減少症との事で
    コメントありがとうございます。

    今回の入院で
    腰痛穿刺をして、その疑惑は免れました。
    胸郭出口症候群との診断でした。

    一回の入院では完治せず、
    2、3回入院しトリガーを続ければ、
    完治の見込みはあるそうです。

    只、保険会社から症状固定で
    示談を迫られ、お金が出ないのも辛いです。
    (一回の通院で交通費が1万円かかるのです。)

    でも私の頭の方がもっと辛いので仕方ありません。
    ご心配をありがとうございました。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ